アンティゴノス[2世](英語表記)Antigonos II

世界大百科事典 第2版の解説

アンティゴノス[2世]【Antigonos II】

前319‐前239
マケドニア王。在位,前276‐前239年。アンティゴノス1世の孫。〈ゴナタス〉の称号は意味不詳。デメトリオス1世とアンティパトロスの娘の間に生まれる。祖父,父の勢力が挫折した前301年以後ギリシアに雌伏し,前277年バルカンに侵入したケルト人を討ってアンティゴノス朝を確立。〈王権とは名誉ある苦役である〉という彼の言は,ストア派哲学者との交際を暗示する。【井上 一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアンティゴノス[2世]の言及

【マケドニア】より

…そしてフィリッポス2世の娘テッサロニケTessalonikēと結婚していたカッサンドロスはマケドニア王と称するに至った(前304)。 彼の死後(前298)その子らの王位争いに乗じ,大王の遺将で最初に王号を称したアンティゴノス1世の子で,かつてアテナイをカッサンドロスと争ったデメトリオスがマケドニア人に推されて王となった(マケドニア王としてデメトリオス1世。在位,前294‐前287)。…

※「アンティゴノス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android