コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンテロープ アンテロープ antelope

翻訳|antelope

5件 の用語解説(アンテロープの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンテロープ
アンテロープ
antelope

レイヨウともいう。偶蹄目ウシ科の動物のうち,ウシ亜科とヤギ亜科を除いたブッシュバック亜科 Tragelaphinae,ダイカー亜科 Cephalophinae,ローンアンテロープ亜科 Hippotraginae,ブラックバック亜科 Antilopinaeに属する動物の総称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アンテロープ(antelope)

大形の羚羊(れいよう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アンテロープ【antelope】

姿の優美なウシ科の哺乳類の総称。レイヨウともいう。アフリカアジア主として平原にすみ,四肢が細長くて頭が小さく,多くは頭を背よりも高く保ち,角はねじれる場合は,向かって右側のものが根もとから先へ右巻きにねじれ,この点でウシ類と区別できる。下あごの第1切歯は異常に大きく,その幅は第2,3切歯と犬歯を合わせた長さに等しいか,それよりも長く,この点でウシ類,ヤギ・ヒツジ類,カモシカ類,サイガチルーなどと異なっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アンテロープ【antelope】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンテロープ
あんてろーぷ
antelope

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科のうち、ウシ類、カモシカ類、ヤギ類、ヒツジ類を除いたものの総称であるが、系統的には一つのグループではない。レイヨウ、あるいは混同されてカモシカ(羚羊とも書くため)ともよばれる。ニルガイ、ヨツヅノレイヨウなど少数の種がインドやアジア中央部に生息するが、多くはアフリカの草原、砂漠、ときに森林にすむ。ほぼすべてが植物食で、多くは早朝と夕暮れに食物をあさる。大きさはさまざまで、最大のジャイアントイランド(肩高175センチメートル、体重450~900キログラム)から、最小のローヤルアンテロープ(肩高25~30センチメートル、体重3.5キログラム)まである。体は走るのに適応し、胴と足が細く、頸(くび)が長く、頭を高く保っている。ひづめは小さく、体毛は短く、美しい色である。角(つの)は雌雄にあるものと、雄だけにあるものとあり、形はコルクの栓抜き状に巻いたものや、竪琴(たてごと)形、槍(やり)形、スパイク形、さらにセーブルアンテロープのようなサーベル形まで、変化に富む。目の下に臭い液を出す穴(眼下腺(がんかせん))があるものが多いが、ブッシュバックのようにないものもあり、乳頭の数もさまざまである。
 種類数は多く100種を超え、次のグループに分類されている。
(1)ブッシュバック亜科 中形から大形で、角(つの)は雄にだけあって渦巻形。角の前面基部から、角のねじれにしたがって先まで伸びる明瞭(めいりょう)な分水嶺(ぶんすいれい)のような線(稜(りょう))がある。アフリカとインドに分布し、砂漠や木のない草原にはほとんど生息しない。
(2)ハーテビースト亜科 大形で、角は雌雄にあり竪琴(たてごと)形で、明瞭な稜はない。アフリカの開けた草原に多い。
(3)オリックス亜科 大形で、角は雌雄にあり長い槍形、栓抜き形、あるいはサーベル形である。アフリカやアラビアの砂漠や開けた林などにすむ。
(4)リードバック亜科 中形から大形で、角は雌になく、竹の節のような輪状隆起がある。アフリカの水辺に近い草原を好む。
(5)インパラ亜科 中形で、角は雌になく、正面から見ると幅の広い竪琴形。アフリカの明るい林にすむ。
(6)ガゼル亜科 中形で、角は雌にはないか、あっても小形で、横から見ると緩いS字形。アフリカやアジアの草原など開けた場所にすむ。
(7)ダイカー亜科 小形で、角は普通雌雄にあるが、小さくスパイク状で耳より短い。アフリカの森林にすむ。
(8)ローヤルアンテロープ亜科 小形で、角は普通雄にだけあるが、長くはない。アフリカの森林、草原、岩場などにすむ。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンテロープの言及

【レイヨウ(羚羊)】より

…多くは美しい体型と毛色を備えたウシ科の偶蹄類。アンテロープともいう。この仲間をカモシカと訳すことがあるが,これはまちがいである。アジアの一部に少数の種が分布するが,大多数はアフリカに見られ,系統的には一つのものではなく,一つの分類群にはまとめられない。ウシ科の動物のうちスイギュウ,ヤギュウ,カモシカ,ヤギ,ヒツジの各類を除いたものの総称といえる。 体の大きさは変化に富み,最大はクロクビイランド(ジャイアントイランド)Tragelaphus (Taurotragus) derbianus(イラスト)で,体長3.45m,尾長90cm,肩高1.8m,体重1000kg,角長1.2mに達するが,最小のローヤルアンテロープ(イラスト)では体長40~50cm,尾長5~8cm,体重3~4kg,角長2.5cmにすぎない。…

【レイヨウ(羚羊)】より

…多くは美しい体型と毛色を備えたウシ科の偶蹄類。アンテロープともいう。この仲間をカモシカと訳すことがあるが,これはまちがいである。…

※「アンテロープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンテロープの関連キーワードエランドガゼル跳鼠豆鹿羚羊ウオーターバック氈鹿コープレイ海産哺乳類ウシ(牛)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンテロープの関連情報