アンドレ プレビン(英語表記)André Previn

20世紀西洋人名事典の解説

アンドレ プレビン
André Previn


1929.4.6 -
米国の指揮者,ピアノ奏者,作曲家。
ピッツバーグ交響楽団首席指揮者,ロンドン交響楽団首席指揮者。
ベルリン生まれ。
旧名アンドレアス・ルートヴィヒ プレヴィン。
別名アンドレ・ジョージ プレヴィン。
ベルリン音楽院、パリ音楽院で学び、1939年米国に移住。’43年米国市民権を獲得。ジャズ・ピアニスト、作曲者を経て、モントゥーに指揮を学び指揮者として’63年デビュー。’65年ロンドン交響楽団、’76年ピッツバーグ交響楽団首席指揮者などを歴任し、’79年ロンドン交響楽団として初の名誉指揮者の称号を授与される。色彩感覚とリズム感覚に優れ、ロシア・ソビエト音楽、フランス音楽を得意とする。’71年初来日。女優のミア・ファーロウとの結婚歴がある。主な作品にアカデミー賞ミュージカル映画音楽賞「恋の手ほどき」(’58年)、「マイ・フェア・レディ」(’64年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

アンドレ プレビン
André George Previn


国籍
米国

専門
指揮者;ピアニスト;作曲家

肩書
ロンドン交響楽団桂冠指揮者;NHK交響楽団首席客演指揮者

旧名・旧姓
Andreas Ludwig Priwin

生年月日
1929/4/6

出生地
ドイツ ベルリン

学歴
ベルリン音楽大学卒;パリ音楽院卒

経歴
1939年ナチスの迫害を避けてカリフォルニアに移住。ロサンゼルス大学で作曲、サンフランシスコでP.モントゥーに指揮法を学ぶ。’43年米国籍となり、17歳で映画音楽の編曲者としてMGM社に入社。ハリウッド映画音楽の作曲で一躍脚光を浴び、「恋の手ほどき」「ポギーとベス」「あなただけ今晩は」「マイ・フェア・レディ」でアカデミー賞ミュージカル作曲賞、編曲賞など4度受賞。’52年からジャズ・ピアニストとしても活躍。’63年セントルイス交響楽団でクラシック指揮者としてデビュー。’67〜69年ヒューストン交響楽団音楽監督。’68〜79年ロンドン交響楽団首席指揮者・音楽監督を務め、この楽団に黄金期をもたらした。’79年勇退し、名誉指揮者、’92年桂冠指揮者となる。’72〜74年ロンドンのサウス・バンク・サマー・ミュージックフェスティバルの音楽監督、’75年からコベント・ガーデン指揮者として活動。’76〜84年ピッツバーグ交響楽団音楽監督、’84〜89年ロサンゼルス交響楽団音楽監督、’87〜92年ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ首席指揮者。’96年英米両国の文化交流と英国音楽界への貢献が評価され、エリザベス女王より名誉ナイト爵位を叙せられた。’99年には指揮者、ピアニストとしてNHK交響楽団と共演。2009年9月同交響楽団の首席客演指揮者に就任。新鮮で躍動感のあふれる明快な指揮で知られる。クラシックの作曲も多く、’98年には初のオペラ「欲望という名の電車」を作曲。’70年女優のミア・ファローと3度目の結婚、おしどり夫婦ぶりでも知られていたが、’79年離婚。2002年34歳年下のバイオリニスト・アンネ・ゾフィー・ムターと5度目の結婚をしたが、2006年離婚。’71年初来日。

受賞
アカデミー賞ミュージカル作曲賞(第31回・第32回)〔1958年・1959年〕「恋の手ほどき」「ポギーとベス」;アカデミー賞編曲賞(第36回・第37回)〔1963年・1964年〕「あなただけ今晩は」「マイ・フェア・レディ」;グラミー賞(ミュージカル部門,第1回)〔1958年〕「恋の手ほどき」;グラミー賞(ポップス部門,第2回)〔1959年〕「Like Young」;グラミー賞(ジャズ部門,第3回・第4回)〔1960年・1961年〕「ウエスト・サイド物語」「Andre Previn Plays Harold Arlen」;グラミー賞(ライナーノーツ部門,第15回)〔1972年〕;グラミー賞(クラシック部門,第16回・第19回・第41回・第45回)〔1973年・1976年・1998年・2002年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

アンドレ プレビン

生年月日:1929年4月6日
アメリカの指揮者;ピアニスト;作曲家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android