コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンブラス城(読み)アンブラスじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンブラスじょう【アンブラス城】

オーストリア西部、チロル州の州都インスブルック(Innsbruck)の郊外にある白亜の古城。前方オーストリア大公(チロル地方の領主)、のちのボヘミア大公に就任したフェルディナント2世(1529~1595年)とその妻フィリピーネ・ヴェルザーの、身分を超えた恋・結婚のエピソードを秘めた城といわれる。この城は11世紀に建てられたが、16世紀半ばに改装され、庶民出身(アウグスブルクの大商人の姪)のフィリピーネとの結婚のため、神聖ローマ帝国皇帝の帝位継承権を放棄した、フェルディナント2世の居城となった。見事な庭園があるほか、城内には武器、宝飾品、調度品、絵画などが展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android