コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンブラス城 アンブラスじょう

1件 の用語解説(アンブラス城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンブラスじょう【アンブラス城】

オーストリア西部、チロル州の州都インスブルック(Innsbruck)の郊外にある白亜の古城。前方オーストリア大公(チロル地方の領主)、のちのボヘミア大公に就任したフェルディナント2世(1529~1595年)とその妻フィリピーネ・ヴェルザーの、身分を超えた恋・結婚のエピソードを秘めた城といわれる。この城は11世紀に建てられたが、16世紀半ばに改装され、庶民出身(アウグスブルクの大商人の姪)のフィリピーネとの結婚のため、神聖ローマ帝国皇帝の帝位継承権を放棄した、フェルディナント2世の居城となった。見事な庭園があるほか、城内には武器、宝飾品、調度品、絵画などが展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンブラス城の関連キーワードインスブルックアルプバッハイグルスオーバーグルグルクラムザッハザンクトヤコプ大聖堂シュトゥバイタールゼーフェルトハーフェレカーリエンツ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone