コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモ酸化 アンモさんかammoxidation

世界大百科事典 第2版の解説

アンモさんか【アンモ酸化 ammoxidation】

有機化合物にアンモニアと酸素(または空気)を作用させ,ニトリルを製造する目的の化学反応をいう。プロピレンからのアクリロニトリル合成反応はその代表的な例である。ほかにメタンのアンモ酸化によるシアン化水素(青酸)合成も知られている。 このアクリロニトリル合成反応は1960年にスタンダード・オイル・オブ・オハイオ社Standard Oil Co.of Ohioによって最初に工業化されソハイオ法Sohio processと呼ばれ,またこの時に用いられた触媒はモリブデンおよびビスマスの複合酸化物とリンを主要成分とするもので,ソハイオ触媒と呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンモ酸化の関連キーワードアセトニトリル