イェルサレム(英語表記)Jerusalem

翻訳|Jerusalem

旺文社世界史事典 三訂版「イェルサレム」の解説

イェルサレム
Jerusalem

西アジア,東地中海に面するイスラエル共和国の首都で,ユダヤ教キリスト教イスラーム聖地
歴史上ではエジプトとして現れるのが最初で,ダヴィデ王以後ユダヤ民族国家の中心とされ,ヤハウェ神殿が建てられた。新バビロニア王国による破壊と支配ののち,ペルシアセレウコス朝ローマの支配下にはいり,幾多の反乱と破壊がくりかえされた。コンスタンティヌス1世の時期にキリスト教の聖地とされたが,637年イスラーム勢力の支配下にはいり,十字軍によるイェルサレム王国(1099〜1291)の時期を除いてイスラーム勢力の支配下にあり,イスラームの聖地の1つとされ,20世紀に至った。第一次世界大戦後はイギリスの委任統治地にはいり,1948年以降はイスラエル共和国とヨルダン王国に分割されたが,67年の中東戦争でイスラエルに全面占領されて現在に至る。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android