コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオンエンジン ion engine

翻訳|ion engine

デジタル大辞泉の解説

イオン‐エンジン(ion engine)

電気的なエネルギーを利用して推力を得るロケットエンジンの一。キセノン水銀などをイオン化し、強い電場により加速して噴出することで推進する。推力そのものは小さいが長時間の加速に向くため、人工衛星の姿勢制御や惑星探査機の主推進装置に利用される。計4基のイオンエンジンを搭載した日本の小惑星探査機はやぶさが、のべ4万時間に渡る運用を経て小惑星イトカワへの往復に成功し、その耐久性と信頼性の高さが実証された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオンエンジン
いおんえんじん

電気推進型のロケットエンジンの一種。通常のロケットが化学物質を燃焼させて推力を得るのに対し、電気を用いて推力を得るエンジンを電気推進型という。イオンエンジンは、キセノンなどのガスをイオン化して、さらに静電加速し、そのイオンガスを排出するときの反動で前進する。イオン推進、イオンロケット、イオンスラスタともいう。通常の化学燃焼型ロケットのように大きな推力は出せないが、継続的に長期間の加速が可能なので、惑星間飛行時の加速や軌道安定のための微調整などに利用される。
 原理は、キセノンなどの燃料材をイオン化(正電荷の陽イオンと電子に分ける)し、陽イオンを静電加速する。この段階で機体本体は反動で前に推進力を受ける。加速された陽イオンは負電極を通り抜け、外へ排出されるが、このとき、先ほど分離した電子を付加して、ガス全体の電荷を中和する(機体全体が負電荷に帯電させないため)。
 2003年(平成15)打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」での運用により注目された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イオンエンジンの関連キーワードはやぶさ(小惑星探査機)小惑星探査機はやぶさ彗星・小惑星探査機ジェットエンジンIKAROS電気ロケット陽イオンSERT

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イオンエンジンの関連情報