コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオンエンジン イオンエンジン ion engine

翻訳|ion engine

2件 の用語解説(イオンエンジンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イオン‐エンジン(ion engine)

電気的なエネルギーを利用して推力を得るロケットエンジンの一。キセノンや水銀などをイオン化し、強い電場により加速して噴出することで推進する。推力そのものは小さいが長時間の加速に向くため、人工衛星姿勢制御惑星探査機の主推進装置に利用される。計4基のイオンエンジンを搭載した日本の小惑星探査機はやぶさが、のべ4万時間に渡る運用を経て小惑星イトカワへの往復に成功し、その耐久性と信頼性の高さが実証された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオンエンジン
いおんえんじん

電気推進型のロケットエンジンの一種。通常のロケットが化学物質を燃焼させて推力を得るのに対し、電気を用いて推力を得るエンジンを電気推進型という。イオンエンジンは、キセノンなどのガスをイオン化して、さらに静電加速し、そのイオンガスを排出するときの反動で前進する。イオン推進、イオンロケット、イオンスラスタともいう。通常の化学燃焼型ロケットのように大きな推力は出せないが、継続的に長期間の加速が可能なので、惑星間飛行時の加速や軌道安定のための微調整などに利用される。
 原理は、キセノンなどの燃料材をイオン化(正電荷の陽イオンと電子に分ける)し、陽イオンを静電加速する。この段階で機体本体は反動で前に推進力を受ける。加速された陽イオンは負電極を通り抜け、外へ排出されるが、このとき、先ほど分離した電子を付加して、ガス全体の電荷を中和する(機体全体が負電荷に帯電させないため)。
 2003年(平成15)打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」での運用により注目された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオンエンジンの関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝化学エネルギー原動機熱エネルギー電気エネルギー二次エネルギーエネルギー源エネルギー生産生体エネルギー学

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イオンエンジンの関連情報