コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオンチャンネル ion channel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオンチャンネル
ion channel

細胞に備わった情報伝達機構の一種で,イオンの通り道。外界からの刺激に応じて開き,イオンを通過させて細胞膜の電位や細胞の代謝活動を変化させる働きをになっている。イオンチャンネルは蛋白質でできており,細胞膜に埋込まれているが,ナトリウムイオン,カリウムイオン,カルシウムイオン,塩素イオンなどの各種イオンに対してそれぞれ特異的なイオンチャンネルがある。イオンチャンネルはニューロン (神経細胞) における情報伝達や筋肉収縮の調節などに重要な働きをしていることから,その機構の解明が活発に進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイオンチャンネルの言及

【活動電位】より

…これを説明する説として興奮に伴ってイオンの透過性に変化が生じることで説明するイオン説が提唱された。興奮膜内にはイオンを通過させる特殊な通路(イオンチャンネル)が存在すると仮定してすべての現象が統一的に説明されつつある。なお活動電位はある種の植物細胞(オジギソウや食虫植物)にも見られる。…

※「イオンチャンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イオンチャンネルの関連キーワードATP感受性カリウムチャンネルイノシトール三リン酸受容体セカンドメッセンジャーエルウィン ネーアーカリウムチャンネルベルト ザクマンカルシウム拮抗剤インフルエンザ化学伝達物質マッキノン電気生理学イオン輸送機械受容器スードフネーアー静止電位マキノンザクマン沼正作

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android