イスラミック・ステート(読み)いすらみっくすてーと(英語表記)Islamic State

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラミック・ステート
いすらみっくすてーと
Islamic State

中東のシリアやイラクを拠点とするイスラム過激派組織。自ら国家樹立を宣言して「Islamic State(イスラム国):IS」と称しているが、国際社会は国家と認めていない。自ら信じるイスラム理想社会の実現のために、戦闘、殺人、テロ、誘拐などの犯罪をいとわない武装組織で、イスラム法に基づく反欧米国家を目ざしている。シリアやイラクの一部を実効支配下に置き、その領域は縮小し続けているものの、シリア政府や欧米諸国との戦闘を繰り広げてきた。

 2015年11月のパリ同時多発テロでは犯行声明を出した。おもな資金源は収奪した原油の密輸、身代金目的の誘拐、支持者からの寄付である。日本人を含め、敵対する国の人を殺害し、その映像をインターネット上に流すなどの残虐行為を繰り返す一方、ソーシャルメディアを駆使して情報発信を行って、世界中からイスラム過激思想に染まる若者を勧誘している。

 イラク戦争後に結成されたアルカイダ系スンニー派武装勢力「イラクのアルカイダ」が母体とみられる。2004年以降、他組織などとの合流を経て勢力を広げ、2011年からの内戦で権力の空白状態が生じたシリアで急速に勢力を拡大した。たびたび組織名を変更しており、2014年には一方的に国家樹立を宣言、イスラミック・ステートと改称した。アメリカ軍とロシア軍などの掃討作戦で2017年末までに壊滅状態に陥ったが、その後も、イラクやシリアでゲリラ戦を展開しているほか、世界各地でイスラミック・ステートに影響を受けた過激派がテロを起こしている。最高指導者はイラク出身のアブ・バクル・アル・バグダディAbu Bakr al-Baghdadi(1971―2019)であったが、2019年にアメリカ軍の軍事作戦で死亡し、後継者に素性・来歴のはっきりしないアブイブラヒム・ハシミ・クラシAbu Ibrahim al-Hashemi al-Qurashiがついた。

 なお、イスラミック・ステートの直訳はイスラム国であるが、国家であるとの印象を避けるため、日本の報道機関は「イスラム過激派イスラム国」と注釈をつけたり、「イスラミック・ステート=IS」とよんだりしている。またISIL(アイスル/アイシル)(Islamic State in Iraq and the Levant、「イラクと地中海東岸レバント地域のイスラム国」の意)、ISIS(アイシス)(Islamic State in Iraq and Syria、「イラクとシリアのイスラム国」、もしくはIslamic State in Iraq and al-Sham、「イラクとシャームのイスラム国」の意)とよぶほか、アメリカ軍はISのアラビア語名の略称である「Daesh(ダーイッシュ)」とよんでいる。

[矢野 武 2020年2月17日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android