コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア・トルコ戦争 イタリアトルコせんそう

百科事典マイペディアの解説

イタリア・トルコ戦争【イタリアトルコせんそう】

伊土戦争,リビア戦争とも。1911年イタリアは英・仏・露の黙認のもとにオスマン帝国に宣戦。北アフリカのトリポリ,キレナイカを次々と占領し,この地域の古名〈リビア〉を復活して支配権を確立した。
→関連項目オスマン帝国バルカン戦争

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリア・トルコ戦争
いたりあとるこせんそう
Guerra italo-turcaイタリア語

北アフリカのトルコ領、トリポリとキレナイカ(のちリビアと改名)をめぐるイタリアとトルコとの戦争(1911~12)。1908年の青年トルコ党の政権獲得以後、トリポリ在住のイタリア人に対するトルコの圧力が強まり、これがイタリアの民族主義運動を刺激していたが、11年にフランスがモロッコを保護領にしてからは、北アフリカ沿岸における勢力均衡の必要上イタリアのトリポリ進出の機運は高まった。イタリア経済の行き詰まりの打開を求めていたイタリア首相ジョリッティは、これ以上猶予することはトルコの背後にいるドイツを利することになると考え、同年9月28日トルコとの戦争に踏み切った。戦争はイタリアに有利に展開し、同年11月5日、イタリア国王はトリポリとキレナイカのイタリア併合を宣言した。翌12年10月休戦が成立し、ローザンヌ条約により、トリポリ、キレナイカ地方のイタリア併合が認められた。[重岡保郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イタリア・トルコ戦争の関連キーワード三国同盟(ドイツ、オーストリア、イタリア)ビットリオ・エマヌエレ(3世)ドデカネス[諸島]青年チュニジア党エンベル・パシャドデカネス諸島カリムノス島G. ボルピトリポリ戦争ムッソリーニ伊土戦争カソス島イノニュネンニボルピ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android