イタリア・エチオピア戦争(読み)イタリアエチオピアせんそう

世界大百科事典 第2版の解説

19世紀末以降,イタリアが2度にわたってエチオピアに対して行った侵略戦争。イタリアは1880年代にエチオピアのアッサブからマッサワに至る紅海沿岸に進出し,90年1月この地域をエリトリア植民地として支配下においた。一方1889年エチオピア皇帝位継承争いに乗じてショア王(のちエチオピア皇帝)メネリクと友好通商協定(ウッチャリ協定)を結び,エチオピアの保護領化を狙った。93年メネリクは協定を破棄してイタリアの干渉を排除しようとしたが,イタリアはエリトリア植民地を拠点としてエチオピアへの軍事侵略を続けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイタリア・エチオピア戦争の言及

【エチオピア】より

…エリトリアを除く現在のエチオピアの領土はメネリク2世の時代に確定されたのであるが,そのために彼は,東アフリカに進出しつつあったヨーロッパ列強によく対抗し,イタリア,イギリス,フランスの勢力争いを巧みに利用して,エチオピアの独立を守り抜いた。エチオピアの保護領化を狙うイタリアを96年のアドワの戦(第1次イタリア・エチオピア戦争)で破り,その野望を粉砕したことは,その努力を象徴するできごとである。こうしてエチオピアは,ヨーロッパ植民地主義列強による〈アフリカ分割〉の時代に生き残った,例外的な国になりえたのである。…

【バドリオ】より

…次いでリビア総督(1929‐32)となり,原住民のゲリラ的抵抗を徹底的に弾圧してリビアに対する支配を固めた。イタリア・エチオピア戦争(1935‐36)で総司令官としてエチオピアを征服,エチオピア副帝の称号を得る。第2次大戦期にはギリシア侵略作戦の失敗で総合参謀本部長官を辞任(1940年12月),第一線から退いた。…

※「イタリア・エチオピア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android