コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドメネウス Idmeneus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イドメネウス
Idmeneus

ギリシア神話の英雄。ミノスパシファエの息子デウカリオンの子で,クレタ王となり,トロイ戦争に参加し,ギリシア方の大将の一人として活躍した。トロイからの帰途,海上で嵐にあい,ポセイドンの助けを祈って,無事帰国できれば,最初に故国で会う人間を人身御供に捧げると約束したが,海岸で彼をまっさきに出迎えたのは息子であった。彼は神との約束を守り,この愛児をいけにえに捧げたが,そのあとでクレタ島が悪疫に悩まされたため,人々はイドメネウスを国外に追放し,彼は南イタリアのカラブリアに亡命したという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イドメネウス

ギリシア伝説のクレタ王。ミノスの孫。トロイア戦争船隊を率いて参加。《オデュッセイア》では無事帰国したことになっているが,嵐を切り抜けるためわが息子を犠牲に供したとの話もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

イドメネウスの関連キーワードトロイア戦争記

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android