コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イビュコス Ibykos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イビュコス
Ibykos

前6世紀中頃のギリシアの抒情詩人。ステシコロスの流儀に従って物語抒情詩を書きはじめ,ペリアスの葬送競技,トロイ攻略,カリュドンの猪狩シチリア島の伝説などを歌ったが,シチリア島からサモス島に渡り,僭主ポリュクラテスの宮廷で本格的に活躍,合唱隊歌を中心に7巻の詩集を残した。現存するのは約 160の断片のみで,物語詩風のもののほかに愛の歌が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イビュコス【Ibykos】

前6世紀中期の古代ギリシアの詩人。生没年不詳。シチリア島レギオンの生れで,前560年ころがその壮年期にあたると伝えられる。生地の僭主にさせられることを嫌って,当時サモスの僭主で文芸保護者として名高かったポリュクラテスのもとに身を寄せたこと,また盗賊の手にかかって殺されたが,殺害現場にいた鶴のために犯罪が露顕し,犯人らは刑を受けたということがエピソードとして伝わっている。この中で,彼がポリュクラテスの宮廷と関係があったことは,断片に歌われている内容からも根拠があるように思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イビュコス【Ībykos】

紀元前六世紀半ばのギリシャの抒情詩人。盗賊の手にかかって殺されたが、鶴つるがその犯罪を暴いたという。多くの合唱歌や情熱的な恋の歌を作ったが、わずかな断片のみ現存する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のイビュコスの言及

【ギリシア文学】より

…この時代の抒情詩文学においては,時と場所が課する要請と,歌い手の詩人自身の個性とが不可分の一体を成している場合も多く,アルカイオスのように政治と自分と酒の歌とが一つに歌われているものもある。またこの時期に各地の僭主たちの宮廷に招かれて宴席に華をそえたイビュコスやアナクレオンのような耽美的詩人たちも現れている。オリュンピアの体育競技の祭典やデルフォイ,イストミア,ネメアなどでの同様の催しがにぎわいの頂点にあったのも前500年代のころであり,競技祭における神人一体の勝利の喜びを合唱歌として歌った詩人たちは数多い。…

※「イビュコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イビュコスの関連キーワードギリシア文学カリュドンギリシャレギウムメロスオード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android