イブン・アサーキル(英語表記)Ibn `Asākir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・アサーキル
Ibn `Asākir

[生]1105. ダマスカス
[没]1176.1.25. ダマスカス
アラブの歴史家。 11世紀から 13世紀にかけて,ダマスカスで政治や学問上の要人を出したアサーキル家の一員。ムハンマドの言行に関する伝承を求めてイラク,ホラーサーン,ジャジーラを旅行し,1154年からはザンギー朝ヌール・ウッディーンの保護を受けて著作に専念し,数多くの著書を残した。主著は『ダマスカス史』 Ta'rīkh Madīna Dimashq。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android