コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イベリス イベリス Iberis; candytuft

4件 の用語解説(イベリスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イベリス
イベリス
Iberis; candytuft

アブラナ科イベリス属の総称。南ヨーロッパ北アフリカ西アジアなどに約 30種が分布する一,二年草または多年草で,低木状になるものもある。園芸店では一般にキャンディタフトの英名で扱われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イベリス

地中海地方,西アジア原産のアブラナ科の一属で約40種がある。一〜二年草,多年草あるいは半低木となる種もある。イベリス・アマラ(キャンディタフト,マガリバナとも),イベリス・ウンベラタはともに春まきまたは秋まきの一〜二年草で,草たけは20〜30cm,ロックガーデンや花壇に向き,冬は霜よけが必要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イベリス【candytuft】

地中海沿岸地方に30~40種分布しているアブラナ科の草本植物。多くの種が花壇,ロックガーデン,鉢物などに栽植される。花は総状の無限花序につくが,短縮して散房状につくように見えるものもある。4枚の花弁を有する十字状花であるが,花茎に対して外側の2枚は大きく内側の2枚は小さく,左右相称花となる。果実は扁平。花壇や鉢植えには次の種類が栽培される。イベリス・アマラ(和名マガリバナ)I.amara L.は花は白色で芳香があり,はじめ散房状に咲くが後に総状となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イベリス
いべりす
[学]Iberis

アブラナ科の1属名。耐寒性の一年草または多年草。西アジアから南ヨーロッパ、北アフリカへかけて約30種分布する。多く栽培されるのは、一年生種では、イベリス・アマラI. amara L.と、イベリス・アンベラータI. umbellata L.で、前者は草丈15~20センチメートルで、4~5月ごろ白色十字形花を短穂状に密に開き、芳香がある。後者は草丈10~15センチメートルでよく分枝して茂り、4~5月ごろ赤、桃、茶紫、白色などの十字形花を総状に開く。両種とも秋播(ま)き一年草として扱い花壇の縁どりや切り花によい。多年生種ではイベリス・センパービレンスI. sempervirens L.が栽培され、草丈は15~20センチメートル、5月ごろ、よく分枝して茂る枝先に白色の小花を総状に多数集まって開く。ロック・ガーデンや花壇の縁どりによく春播きで翌春から花をつける。[柳 宗民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イベリスの関連キーワードルリタマアザミコルク樫地中海気候梛筏連玉ロケットサラダコロシント瓜白妙菊クロタネソウマンドラゴラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イベリスの関連情報