コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボイノシシ イボイノシシPhacochoerus aethiopicus; warthog

4件 の用語解説(イボイノシシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イボイノシシ
イボイノシシ
Phacochoerus aethiopicus; warthog

偶蹄目イノシシ科。体長 1.5m内外。体は黒褐色で,頭部から背部にかけて長い剛毛がたてがみ状に生える。眼の下と牙の後方にいぼがある。夜行性で,単独または家族単位で行動する。木の根,草,果実などを食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

イボイノシシ

ワートホッグとも。偶蹄(ぐうてい)目イノシシ科の哺乳(ほにゅう)類。体長1.2m,肩高70cmほど。上顎の犬歯は上へ曲がり,24cm以上。アフリカサハラ以南に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イボイノシシ【warthog】

頭部に大きなこぶwartと発達したきばをもつアフリカに分布するイノシシの1種(イラスト)。偶蹄目イノシシ科の哺乳類サバンナと明るい森林にすむ。体長145~190cm,肩高65~85cm,体重50~150kg。体色は暗褐色で,首と背側は長い粗毛のたてがみで覆われる。上下の犬歯はきばとなり,上あごではとくに長く,曲がって上方にのびる。きばはライオンヒョウなどの天敵に対する防衛や雄どうしの闘いの際の武器として使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボイノシシ
いぼいのしし / 疣猪
wart hog
[学]Phacochoerus aethiopicus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目イノシシ科の動物。セネガルからソマリア、アフリカ東部から南部に至るまでのサバンナに生息する。頭胴長1~1.9メートル、体高65~85センチメートル、体重50~150キログラム。体形は樽(たる)形で四肢は短く、頭部は大きくて平たい。尾は20センチメートルほどで細く先端に房毛がある。頸部(けいぶ)から背にかけて長い剛毛がたてがみ状に生えるが、他の部分の体毛はまばらである。目の下および犬歯の後方にいぼ状の突起がある。犬歯は長大で上方に大きく巻き上がり、外敵に対し武器となる。昼行性で、単独、つがい、家族群で暮らす。頸(くび)がたいへん短いため、前足を折り膝(ひざ)をついた姿勢で、頑丈な頸に続く長い頭を使って地面を掘り返し、草、木の根、昆虫、腐肉などを食べる。ツチブタの古巣を巣穴として利用することが多い。1産2~8子。子は1年間親とともに暮らす。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イボイノシシの関連情報