コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルクーツク物語 イルクーツクものがたりIrkutskaya istoriya

2件 の用語解説(イルクーツク物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルクーツク物語
イルクーツクものがたり
Irkutskaya istoriya

ソ連の劇作家 A.N.アルブーゾフの代表作。 1959年モスクワワフタンゴフ劇場で初演。シベリア水力発電所の建設現場を舞台に,一人の女性ワーリャの愛による転身を中心に,若者たちの性格や生活感情を,みずみずしい抒情で描き出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルクーツク物語
いるくーつくものがたり
Иркутская история Irkutskaya istoriya

ロシアの劇作家アルブーゾフ(1908~86)の二部構成の戯曲。1959年モスクワのワフタンゴフ劇場で初演。シベリアのイルクーツク近郊のアンガラ川発電所の大建設現場に働く3人の若者を中心に、恋愛、友情、労働、連帯感をめぐる葛藤(かっとう)を叙情的に描く。男女たちとの浮き名が絶えない「安売りのワーリャ」は、ビクトルと恋仲だが、真摯(しんし)な作業班長セルゲイの求愛にひかれて結婚する。彼女を失ってビクトルは初めて苦悶(くもん)する。セルゲイの急逝という悲劇にみまわれたワーリャは、子供を抱え、夫の思い出を抱きつつ、たくましく生きていく。ギリシア劇のコーラスの導入による叙事的展開など、実験的試みがなされている。[中本信幸]
『泉三太郎訳『イルクーツク物語 他1編』(旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イルクーツク物語の関連情報