イルクーツク物語(読み)イルクーツクものがたり(英語表記)Irkutskaya istoriya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イルクーツク物語
イルクーツクものがたり
Irkutskaya istoriya

ソ連の劇作家 A.N.アルブーゾフの代表作。 1959年モスクワのワフタンゴフ劇場で初演。シベリア水力発電所の建設現場を舞台に,一人の女性ワーリャの愛による転身を中心に,若者たちの性格や生活感情を,みずみずしい抒情で描き出している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イルクーツク物語
いるくーつくものがたり
Иркутская история Irkutskaya istoriya

ロシアの劇作家アルブーゾフ(1908~86)の二部構成の戯曲。1959年モスクワのワフタンゴフ劇場で初演。シベリアのイルクーツク近郊のアンガラ川発電所の大建設現場に働く3人の若者を中心に、恋愛、友情、労働、連帯感をめぐる葛藤(かっとう)を叙情的に描く。男女たちとの浮き名が絶えない「安売りのワーリャ」は、ビクトルと恋仲だが、真摯(しんし)な作業班長セルゲイの求愛にひかれて結婚する。彼女を失ってビクトルは初めて苦悶(くもん)する。セルゲイの急逝という悲劇にみまわれたワーリャは、子供を抱え、夫の思い出を抱きつつ、たくましく生きていく。ギリシア劇のコーラスの導入による叙事的展開など、実験的試みがなされている。[中本信幸]
『泉三太郎訳『イルクーツク物語 他1編』(旺文社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android