コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワシモツケ いわしもつけ

1件 の用語解説(イワシモツケの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワシモツケ
いわしもつけ / 岩下野
[学]Spiraea nipponica Maxim.

バラ科の落葉低木。高さ0.5~1メートル、まれに2メートル近いものもある。枝はよく分枝し、稜角(りょうかく)がある。葉は卵状円形ないし楕円(だえん)形、長さ1~4.5センチメートル、先端がわずかに切れ込むほかは全縁、裏面はやや白色を帯びる。5~7月、新枝の先に径約8ミリメートルの白色の5弁花を散房状につける。果実は袋果(たいか)。日本固有種で、中部地方から東北地方の亜高山帯から高山帯下部の岩場などに生え、蛇紋岩地域や石灰岩地域でよくみられる。葉形は変化に富み、倒披針(とうひしん)形のものを変種ナガバイワシモツケとして区別することがある。庭によく植栽される変種トサシモツケは、四国の川岸岩上に野生し、葉は非常に細長い。[鳴橋直弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイワシモツケの言及

【シモツケ(下野)】より

ユキヤナギコデマリやトサシモツケS.nipponica Maxim.var.tosaensis Makinoもシモツケの仲間で,いずれも栽培が容易であり,切花にも利用される。 コデマリに近縁のものには,近畿地方以西の本州,四国および九州の岩石地に生えるイワガサS.blumei G.DonやイブキシモツケS.nervosa Franch.et Savat.があり,トサシモツケと同じ種には,中部地方以北のイワシモツケS.nipponica Maxim.var.nipponicaや紀伊半島のキイシモツケvar.ogawae Yamanakaが知られている。関東から北では,マルバシモツケS.betulifolia Pallasがよく見られる。…

※「イワシモツケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone