コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワシモツケ いわしもつけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワシモツケ
いわしもつけ / 岩下野
[学]Spiraea nipponica Maxim.

バラ科の落葉低木。高さ0.5~1メートル、まれに2メートル近いものもある。枝はよく分枝し、稜角(りょうかく)がある。葉は卵状円形ないし楕円(だえん)形、長さ1~4.5センチメートル、先端がわずかに切れ込むほかは全縁、裏面はやや白色を帯びる。5~7月、新枝の先に径約8ミリメートルの白色の5弁花を散房状につける。果実は袋果(たいか)。日本固有種で、中部地方から東北地方の亜高山帯から高山帯下部の岩場などに生え、蛇紋岩地域や石灰岩地域でよくみられる。葉形は変化に富み、倒披針(とうひしん)形のものを変種ナガバイワシモツケとして区別することがある。庭によく植栽される変種トサシモツケは、四国の川岸岩上に野生し、葉は非常に細長い。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイワシモツケの言及

【シモツケ(下野)】より

ユキヤナギコデマリやトサシモツケS.nipponica Maxim.var.tosaensis Makinoもシモツケの仲間で,いずれも栽培が容易であり,切花にも利用される。 コデマリに近縁のものには,近畿地方以西の本州,四国および九州の岩石地に生えるイワガサS.blumei G.DonやイブキシモツケS.nervosa Franch.et Savat.があり,トサシモツケと同じ種には,中部地方以北のイワシモツケS.nipponica Maxim.var.nipponicaや紀伊半島のキイシモツケvar.ogawae Yamanakaが知られている。関東から北では,マルバシモツケS.betulifolia Pallasがよく見られる。…

※「イワシモツケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イワシモツケの関連キーワードシモツケ(下野)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android