コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディアン座 インディアンざIndus

翻訳|Indus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インディアン座
インディアンざ
Indus

1603年,ドイツの J.バイエルによりつくられた南天星座の一つで,10月上旬のに南中する。概略の位置は赤経 21時 20分,赤緯-58°で日本からは北半分ぐらいしか見えない。3等のα星以外はすべて4等以下の星で目立たない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インディアン‐ざ【インディアン座】

南天の星座の一。10月上旬に南の地平線にその一部が見えるが、明るい星がなく目立たない。学名 〈ラテン〉Indus

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

インディアン座【インディアンざ】

10月の夕方,南の地平線上に一部現れる星座。日本ではほとんど見えない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インディアンざ【インディアン座 Indus】

略号Ind。南天の星座で,日本ではほとんど見えない。1603年J.バイヤーによって新設され,アメリカ・インディアンの姿にかたどる。α星は実視等級3.2等,スペクトル型G2,β星は3.7等,スペクトル型K2,NGC7090は11等の渦巻銀河である。概略位置は赤経21h20m,赤緯-50゜。午後8時の南中は10月上旬である。【石田 五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

インディアンざ【インディアン座】

10月初旬の宵に南中する星座。日本では南の地平線上に一部分しか見えない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インディアン座
いんでぃあんざ

秋の宵の南の地平線近くに見えるつる座のさらに南西にある星座。東京付近ではその一部が南の地平線上に姿を現すだけで、沖縄付近でもその全身を見ることができない。もっとも明るいα(アルファ)星が3等、あとは4等以下の暗い星ばかりなのであまり目だたない。日本ではかつて「印度(インド)人」と誤訳されたこともあったが、正真正銘アメリカ・インディアンのことである。1603年、バイヤーの星図に初めて登場した。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

インディアン座の関連キーワード一部分藤井

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android