コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンチウス12世 インノケンチウスじゅうにせい Innocentius XII

1件 の用語解説(インノケンチウス12世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス12世
インノケンチウスじゅうにせい
Innocentius XII

[生]1615.3.13. ナポリ王国,スピナッツォラ
[没]1700.9.27. ローマ
ナポリ出身の第242代教皇(在位 1691~1700)。本名 Antonio Pignatelli。ローマのイエズス会学校(→イエズス会)で学び,ウルバヌス8世の治世で教皇庁に入る。1681年にインノケンチウス11世により枢機卿(→カーディナル)に叙任され,1691年7月に教皇に選出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インノケンチウス12世の関連キーワードナポリ王国両シチリア王国カンパニアナポリを見てから死ねナポリ王宮ナポリの窯クオーコ《ナポリ王国文明史》スパゲティ・ナポリタンナポリ風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone