ルイ14世(読み)ルイじゅうよんせい(英語表記)Louis XIV, le Grand Monarque; le Roi-Soleil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ14世
ルイじゅうよんせい
Louis XIV, le Grand Monarque; le Roi-Soleil

[生]1638.9.5. サンジェルマンアンレ
[没]1715.9.1. ベルサイユ
フランス王 (在位 1643~1715) 。ブルボン朝の最盛期を築き「大王」また「太陽王」と呼ばれた。ルイ 13世とアンヌ・ドートリッシュの長男。5歳で父王に死別し即位。幼少時,摂政である母后と J.マザランが国政を担当したが,フロンドの乱 (1648~53) が起り,王はパリを脱出し各地を転々とした。 1661年マザランの死後,親政を宣言した。初期,J.コルベールを起用して集権的官僚体制を整備し産業保護政策を推進すると同時に,ル・テリエ,ルーボア父子を重用し軍事力を強化して,ヨーロッパ大陸制圧政策を強行した。まず,60年ピレネー条約により政略結婚したスペイン王女マリ・テレーズの「王妃の権利」を利用してフランドル戦争 (67~68) を開始,次いでオランダ戦争 (72~78) を起し,王の威光は全ヨーロッパに及んだ。 82年新築のベルサイユ宮殿に移り,ラ・バリエール,モンテスパン侯夫人,最後にマントノン夫人と寵愛の相手を変えながらも宮廷の秩序と規律を築き,「最大のキリスト教徒の王」を自負した。しかし,85年「ナントの勅令」の廃止 (→フォンテンブロー勅令 ) を宣言してプロテスタント弾圧を再開すると,諸国の反撃が開始されファルツ戦争 (89~97) を引起し,国内ではプロテスタントの反抗,カミザール戦争が展開し,王の威光は落日へ向った。晩年,スペインの王位と領土をめぐりスペイン継承戦争 (1701~14) を起したが,戦いは泥沼化し,最後にユトレヒト条約で王孫フィリップがフェリペ5世としてスペイン王に認められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイ14世

生年月日:1638年9月5日
フランス国王(在位1643〜1715)
1715年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android