コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェヌロン Fénelon, François de Salignac de la Mothe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェヌロン
Fénelon, François de Salignac de la Mothe

[生]1651.8.6. ペリゴール
[没]1715.1.7. カンブレ
フランスの宗教家,神秘的神学者。パリのサン・シュルピス神学校で学び,1676年パリの女学校校長。異端とされたユグノー派に対する寛容を説き,信仰を強制することに反対した。 89年ルイ 14世の孫ブルゴーニュ公ルイの師傅。 93年アカデミー・フランセーズ会員。 95年カンブレ大司教。 88年ギュイヨン夫人の神秘主義に関心をいだき,静寂主義をめぐる論争に巻込まれ,97年『内的生活に関する諸聖人の箴言の解説』 Explication des maximes des saints sur la vie intérieureを書き,ギュイヨン夫人を弁護して,J.ボシュエと対立。 99年ボシュエとルイ 14世の圧力で教皇インノケンチウス 12世は彼の 23の命題を断罪した。著作のなかではルイのために書いた『テレマックの冒険』 Aventures de Télémaque (1699) が著名。ほかに『女子教育論』 Traité de l'éducation des filles (87) ,『寓話集』 Fables (1789) ,『死者の対話』 Dialogues des morts (12) ,『アカデミーへの手紙』 Lettre à l'Académie (16) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フェヌロン

フランスの作家,聖職者。ブルゴーニュ公の師となり,教材として《テレマックの冒険》(1699年)を書く。《オデュッセイア》のエピソードによる教訓物語だが,ルイ14世の政治批判とみられ,キエティスムとよばれるその宗教的立場とともに,失脚の原因となった。
→関連項目テレマコスボシュエ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェヌロン【François (de Pons) de Salignac de La Mothe Fénelon】

1651‐1715
フランスの聖職者,思想家,文学者。ペリゴール地方の名門に生まれ,パリのサン・シュルピス神学校に学び,宗門に入る。1678年プロテスタントの子女教導のためのヌーベル・カトリック修道院の院長に就任。85年ナントの王令廃止後サントンジュ地方のプロテスタント改宗指導に派遣された。求めに応じて書かれた《女子教育論》(1687)は,女子が自然から授かった天性を伸ばすよう説いた,この時代では斬新な見解を述べたもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フェヌロン【François de Salignac de La Mothe-Fénelon】

1651~1715) フランスの思想家・小説家。ギリシャ古典を素材とし、専制政治を批判。キエティスムを支持し教皇から糾弾された。 → テレマックの冒険

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェヌロン
ふぇぬろん
Franois de Salignac de La Mothe-Fnelon
(1651―1715)

フランスの作家、大司教。ペリゴールの旧貴族の家に生まれる。イエズス会の学校、パリのコレージュで学んだのち、神学校で修練士となった。1668年サン・シュルピス教会助任司祭、新カトリックの会長に任ぜられ、以後89年まで、ナントの勅令廃止で旧教徒に改宗した婦女子の教育に携わる。このころ彼はボシュエの弟子としてマントノン夫人に紹介され、ボービエ夫人Duchesse de Beauvillierたちと交わり、『女子教育論』(1687)を発表する。89年ブルゴーニュ公の師傅(しふ)に任ぜられ、93年にはアカデミー・フランセーズ会員に選ばれるが、神秘思想キエティスム(静寂主義)の伝道者ギュイヨン夫人Mme Guyonとの交友を非難され、神秘思想を弁護するため『内面生活に関する聖者格言の解説』(1697)を著す。ローマ教皇はこの書に有罪判決を下し、フェヌロンをカンブレの大司教に左遷、孤独のうちに同地で没。代表作『テレマックの冒険』(1699)はこの緊張した歳月の間に書かれた。[植田祐次]
『志村鏡一郎訳『女子教育論』(『世界教育学全集11』所収・1960・明治図書出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフェヌロンの言及

【宗教教育】より

…広義には聖職者養成を目的とした教育を含むが,一般的には,世俗人の絶対者(神・仏)への帰依,信仰心の育成を目的とした教育をいう。宗教教育は,絶対者の前における人間の平等を教えた反面,現世の秩序・権力への服従を肯定しがちな傾向を示した。学校における宗教教育の位置づけは,(1)教育の最高目標,(2)諸教科のなかの一つ,(3)学校教育からの排除(教育の世俗化)の三つに大きく分けられるが,近代学校では(1)(2)から(3)への移行が世界的流れといえる。…

【女子教育】より

…狭義には学校における女子の教育をさすが,広義には家庭教育や社会教育における女子教育を含んでいる。男子の教育と区別される女子教育の歴史的形成にはそれなりの理由があった。女子は男子より能力が劣るから低度の教育でよいとする差別的な考え,女子と男子とでは肉体的生理的差異があるのでそれに適した教育が必要だとする考え,女子と男子の社会的役割が異なるからその役割に応じた教育がたいせつとする考えなどがその背景となっている。…

【テレマックの冒険】より

…フランスの思想家フェヌロンの教育小説。1699年刊。ルイ14世の孫で王太子のブルゴーニュ公の教育係として,教え子のために書いた,ホメロスの《オデュッセイア》に題材を仰いだ神話的物語。王子テレマック(テレマコス)が,師メントール(実は英知の女神ミネルブの化身)に導かれて,行方不明の父ユリス(オデュッセウス)を探し,辛苦を重ねたすえ,父と再会するという枠組み。教え子の王太子の古典的教養を深めるとともに,君主はどのように身を処し,国を治めるべきかという帝王学の伝授を目的としている。…

※「フェヌロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェヌロンの関連キーワードアフメト・ウェフィク・パシャインノケンチウス12世トレジアコーフスキートレジャコフスキーキリスト教神秘主義アンリ ブレモンマールブランシュタフターウィージーン カルベ古典主義8月6日ブレモンモリノス新旧論争

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android