インノケンチウス8世(読み)インノケンチウスはっせい(英語表記)Innocentius VIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス8世
インノケンチウスはっせい
Innocentius VIII

[生]1432. ジェノバ
[没]1492.7.25./1492.7.26. ローマ
ジェノバ出身の第213代教皇(在位 1484~92)。本名 Giovanni Battista Cibo。1473年教皇シクスツス4世により枢機卿(→カーディナル)に叙階され,1484年にその後継として教皇に選出された。同 1484年,妖術師の存在を認めてこれを糾弾する勅書を発し,彼らを裁判にかけるため審問官をドイツに派遣した(→魔女狩り)。1486年にはルネサンス期の人文学者ピコ・デラ・ミランドラを非難,迫害した。縁故主義と教会世俗化によって教皇位に登ったとされ,ナポリ王との争いや枢機卿たちのぜいたくな生活ぶりが教皇庁の財政を困窮させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android