コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インバーター インバーター inverter

翻訳|inverter

7件 の用語解説(インバーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

インバーター(inverter)

直流電力を交流電力に変換する装置。逆変換装置。→コンバーター
コンピューター論理回路の一。入力情報を論理的に否定する操作を行う電子回路

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インバーター

直流を交流へ変換する装置または回路。逆用回転変流機水銀整流器サイラトロンチョッパーなどが使われるが,大電力用にはサイリスター,小電力用にはトランジスターを応用するものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

インバーター

直流電力を交流電力に変換する装置。機器に組み込み、電圧、電流、周波数などの制御を行い、効率を飛躍的に向上させ、省エネに貢献する。家庭ではインバーター蛍光灯がお馴染み

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

インバーター【inverter】

(1)逆変換回路。交流を直流に変換するもっともふつうに多く使われる電力変換に対し,直流を交流にする回路または装置をいう。小電力用はトランジスターを用いたものが多いが,大電力用はサイリスターを用いて構成する。トランジスターやサイリスターは電子スイッチを構成し,負荷に直流電源の電圧を交互に逆向きに加えたり,電流を交互に逆向きに流したりして交流化する。用途により出力電圧,周波数がほぼ一定のCVCF(constant voltage constant frequencyの略)型と出力電圧や周波数が可変のVVVF(variable voltage variable frequencyの略)型とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

インバーター【inverter】

論理回路において、入力と反対符号の出力を生成する演算要素、または回路。
直流の電力を、電圧・電流・周波数の一定した、あるいは可変の交流電力に変換する装置。逆変換器。 → コンバーター

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

インバーター【inverter】

直流電力を交流電力に変換する装置。エアコン冷暖房能力を調整したり、蛍光灯照明器具のちらつきを抑制して明るさを増大したりするために用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インバーター
いんばーたー
inverter

直流(電流)を交流(電流)に変換する装置。一般に使用される電気は、電流、電圧がつねに一定の大きさをもつ直流と、その大きさが正弦波で変化する交流とがある。この直流と交流の2種の電気を交互に変換する場合、交流から直流にする装置を整流器(あるいは順変換器、コンバーター)といい、直流から交流にする装置をインバーター(あるいは逆変換器)という。インバーターは古くは水銀整流器を利用して構成されていたが(これを水銀整流器型という)、1980年ごろから運転、保守、点検などが容易で、信頼度の高いサイリスタ、パワーMOSFET(Power MOSFET。MOSFET=金属酸化膜半導体電界効果トランジスタMetal-Oxide-Semiconductor Field-Effect Transistorの略)、絶縁ゲートバイポーラトランジスタInsulated Gate Bipolar Transistor(IGBT)、ゲートターンオフサイリスタGate Turn-off Thyristor(GTO)、トライアックなどの電力用半導体素子(パワーデバイス)が利用されている。インバーターは、制御方法、回路構成、使用目的などによって種々の方法があり、定電圧定周波電源、無停電電源、可変周波電源など、多方面に利用されている。[内田直之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のインバーターの言及

【コンバーター】より

…電力分野では,交流と直流の間での変換,交流の周波数相互の変換,相数の変換などを行う装置をコンバーターという。狭義には交流→直流の変換をコンバーター,直流→交流の変換をインバーター,ある周波数から他の周波数への変換をサイクロコンバーターと呼んで区別している。これらの変換回路にはサイリスターなどの電力用半導体を用いることが多い。…

【直流‐交流変換】より

…逆変換ともいう。この変換を実現する装置を逆変換装置またはインバーターという。直流から交流を得るのにはスイッチ作用をもつデバイスで直流を断続する。…

【電動機】より

…これは直流電動機の整流子およびブラシに保守上の欠点があるので,整流子のない電動機を用いて直流電動機と同様な優れた速度制御特性を得たいという要求から発展した技術である。可変周波数電源としてはインバーター(直流を交流に変換する装置)とサイクロコンバーター(交流を別の周波数の交流に変換する装置)とがあり,インバーターによる場合はその前段に交流電源の電力を直流に変換する整流器が接続される。回転子位置検出器と同期電動機とサイリスター電力変換装置を組み合わせたものをサイリスターモーターまたは無整流子電動機という。…

※「インバーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

インバーターの関連キーワードコンバーターAD変換周波数変換整流器整流子整流回路DA変換直流効果直流‐交流変換交流‐直流変換

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インバーターの関連情報