コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーラジ・ミールザー Īraj Mīrzā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーラジ・ミールザー
Īraj Mīrzā

[生]1874
[没]1926. テヘラン
イランの詩人。名門に生れ,19歳でカージャール朝の宮廷詩人になったが,のちに官吏として各地を転任し作詩に努めた。古典詩人と現代詩人の中間に位すると評され,晩年には独自のスタイルを生み出した。女性問題,社会問題について多く作詩し,女性解放を唱えた『ベールの書』 Ḥijāb-nāme,母性愛をたたえた『母の書』 Mādar-nāme,社会・政治問題を詠んだ『アーレフの書』`Āref-nāmeは広く愛唱された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イーラジ・ミールザー

近代イランの詩人。宮廷詩人をつとめたこともあったが西洋文学にも触れ,古典派と近代派の過渡期に位置付けられる。政治やイスラムの偽善的側面を風刺した詩を残す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イーラジ・ミールザー
いーらじみーるざー
raj Mrz
(1874―1926)

イランの詩人。カジャール朝の名門に生まれる。若いとき詩人として宮廷に仕えたが、のちに官吏として各地を転任し、晩年は失意のうちに過ごした。平易で流麗な作詩をしたことで知られ、代表作には社会・政治問題を詠んだ叙事詩『アーレフの書』、文学改革を説いた叙事詩『文学の革命』のほかに、女性解放、母性愛をテーマにした詩が多く、『母の書』は名高い。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イーラジ・ミールザーの関連キーワード五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二おもなお雇い外国人衣笠貞之助田坂具隆プドフキン山本嘉次郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android