イーラジ・ミールザー(英語表記)Īraj Mīrzā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イーラジ・ミールザー
Īraj Mīrzā

[生]1874
[没]1926. テヘラン
イランの詩人。名門に生れ,19歳でカージャール朝の宮廷詩人になったが,のちに官吏として各地を転任し作詩に努めた。古典詩人と現代詩人の中間に位すると評され,晩年には独自のスタイルを生み出した。女性問題,社会問題について多く作詩し,女性解放を唱えた『ベールの書』 Ḥijāb-nāme,母性愛をたたえた『母の書』 Mādar-nāme,社会・政治問題を詠んだ『アーレフの書』`Āref-nāmeは広く愛唱された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イーラジ・ミールザー
いーらじみーるざー
raj Mrz
(1874―1926)

イランの詩人。カジャール朝の名門に生まれる。若いとき詩人として宮廷に仕えたが、のちに官吏として各地を転任し、晩年は失意のうちに過ごした。平易で流麗な作詩をしたことで知られ、代表作には社会・政治問題を詠んだ叙事詩『アーレフの書』、文学改革を説いた叙事詩『文学の革命』のほかに、女性解放、母性愛をテーマにした詩が多く、『母の書』は名高い。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android