コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルクス・ランド Wilkes Land

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルクス・ランド【Wilkes Land】

南極大陸のうち,インド洋に面する東経100.5゜のホーダーン岬Cape Hordernから142゜のアルデン岬Point Aldenにかけての陸地。海岸はほぼ南緯66.5゜に沿い,内陸部は標高3000mに達する。1838‐42年,アメリカの海軍士官ウィルクスCharles Wilkes(1798‐1877)は5隻の船で太平洋と南極の探査を行い,一隊は沿岸近くに接近し,南極は大陸であることを認めた。後年隊長名を地名に冠した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウィルクス・ランドの関連キーワードアデリー・ランドジョージ5世海岸南極大陸南極

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android