ウィルクス・ランド(英語表記)Wilkes Land

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルクス・ランド【Wilkes Land】

南極大陸のうち,インド洋に面する東経100.5゜のホーダーン岬Cape Hordernから142゜のアルデン岬Point Aldenにかけての陸地。海岸はほぼ南緯66.5゜に沿い,内陸部は標高3000mに達する。1838‐42年,アメリカの海軍士官ウィルクスCharles Wilkes(1798‐1877)は5隻の船で太平洋と南極の探査を行い,一隊は沿岸近くに接近し,南極は大陸であることを認めた。後年隊長名を地名に冠した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android