コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルチェック Wilczek,Frank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルチェック
Wilczek,Frank

[生]1951.5.15. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカの物理学者。シカゴ大学卒業後,1974年プリンストン大学でデビッド・J.グロスの指導のもと,物理学の博士号取得。以後プリンストン大学助教授,同大学教授,カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授を経て,1989年プリンストン高等研究所教授に就任。 2000年からマサチューセッツ工科大学教授。 1973年ウィルチェックは数学の枠組みを使って,クォーク間に働く「強い相互作用」がクォークの距離が遠くなるほど強くなり,近づくほど弱まる「漸近的自由」と呼ばれる状態を理論的に解明した。この計算によって,クォークが単独で取り出せない理由が理論づけられたほか,のちの量子色力学の標準理論となった。 2004年グロス,H.デビッド・ポリツァーとともにノーベル物理学賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルチェック
ういるちぇっく
Frank Wilczek
(1951― )

アメリカの理論物理学者。ニューヨーク市生まれ。シカゴ大学数学科を卒業後、プリンストン大学で物理学博士号を取得。同大学准教授を経て1980年に教授。その後、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校教授、プリンストン高等研究所教授などを経て、2000年からマサチューセッツ工科大学(MIT)物理学科教授。
 シカゴ大学の名誉教授南部陽一郎らは、クォークが存在するには各粒子に「赤」「青」「緑」になぞらえた性質のどれかが必要であり、その作用は別の粒子で伝えられるという「量子色力学」を提唱したが、1973年ウィルチェックは、共同研究者であるグロス、ポリツァーとともに、その数式をさらに発展させ、クォークが離れるほど相互作用が強く働く漸近的自由の性質を理論的に説明できる数式を導き出した。この業績により2004年のノーベル物理学賞を受賞した。[馬場錬成]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィルチェックの関連キーワードグロス(David J. Gross)デービッド ポリツァーデービッド グロス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android