コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルム

3件 の用語解説(ウィルムの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウィルム

ドイツの冶金学者。シュレジエン地方の領主の子として生まれ,ベルリンシャルロッテンブルク工科大学で学ぶ。1901年以降ノイバーベルスベルク(ポツダム)の中央科学技術研究所でアルミニウム合金開発の研究に従事し,1906年ジュラルミンを発明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィルム【Alfred Wilm】

1869‐1937
時効硬化アルミニウム合金,ジュラルミンの発明者。ドイツ,シュレジエン地方の領主の子。ベルリンのシャルロッテンブルク工科大学でウェーレンに冶金学を学び,ゲッティンゲン大学助手,ゴルトシュミット社研究員などを経て,1901年新設の中央科学技術研究所冶金部の研究員となった。黄銅に代わる薬莢(やつきよう)材料としてアルミニウム合金の開発研究に従事。06年,銅Cu4%,マンガンMn,マグネシウムMg各0.5%,残りアルミニウムAlの合金を焼入後,常温に放置すると,時間とともに硬さ,引張強さが増大すること(時効硬化)を発見。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルム
うぃるむ
Alfred Wilm
(1869―1937)

ドイツの金属学者。ジュラルミンの発明者。1906年、理工学中央研究所でアルミニウム合金を研究していたとき、銅とマグネシウムのある量を添加したアルミニウム合金が時間とともに硬くなることを発見した。初めは硬度計が狂ったためかと思ったが、そうではないことが確認された。これは金属学上の時効硬化という重要現象の発見であり、軽くて軟らかいアルミニウムから、硬いジュラルミンという新合金の製造を可能にした。ジュラルミンは同一重量当りの強さが鉄材の3倍もあり、航空機用材として絶大な威力を発揮した。[中沢護人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウィルムの言及

【ジュラルミン】より

…ドイツのA.ウィルムが20世紀の初めに発明したアルミニウム合金で,約4%の銅,0.5%ずつのマグネシウムとマンガンを含む。鋼は高温に加熱し,水や油に焼き入れることにより硬化するので,ウィルムは同様のことをアルミニウム合金で企てたが,焼入れすると反対に軟らかくなったので,そのまま放置したところ2~3日で著しく硬化したことを発見し,おおいに驚いたといわれる。…

※「ウィルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィルムの関連キーワード酢酸アルミニウム酸化アルミニウム時効硬化ジュラルミン水酸化アルミニウム硫酸アルミニウム東洋アルミニウムアルミニウム軽合金アルミニウム青銅アルミ二ウム蹄鉄 (aluminum plate)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィルムの関連情報