コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン創世記 ウィーンそうせいきWiener Genesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーン創世記
ウィーンそうせいき
Wiener Genesis

ウィーン国立図書館 (のちのオーストリア国立図書館) 所蔵の創世記写本 (→装飾写本 ) 。元来は数百の挿絵を含んでいたと推定されるが,現状では,26葉が残存している。紫の羊皮紙上に,文字は金銀泥のギリシア語で書写し,48ページにわたり各ページ下半部には,アダムとイブの原罪場面からヤコブの死と埋葬にいたる『創世記』中の諸場面が,ミニアチュールの手法で描写されている。制作地として,コンスタンチノープル,小アジア,アンチオキアなどが考えられる。非キリスト教的な擬人像などを描き加える古代末期風の風景や物語の描写は,キリスト教的な精神主義よりもむしろヘレニズム的な風俗画的傾向が強い。制作年代は6世紀頃と推定されている。古代から初期ビザンチン美術への移行を示す作品として,美術史的に重要な意義をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーンそうせいき【ウィーン創世記 Wiener Genesis】

古代末期に制作されたギリシア語《創世記》の彩飾写本。ブドウ酒色に染めた羊皮紙に銀で文字を記した〈紫羊皮紙群〉写本の最古のもの(写本画)。ウィーンのオーストリア国立図書館に所蔵されているため,この名がある。かつては192点の挿絵で飾られていたと推定されるが,今日ではそのうち48点が残るにすぎない。現在残る26葉のうち,24葉の各ページの下半分にアダムとイブの原罪からヤコブの死に至る諸場面が描かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウィーン創世記の関連キーワードロッサーノ福音書ビザンティン美術ウィックホフ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android