コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイングレット ウイングレット winglet

翻訳|winglet

2件 の用語解説(ウイングレットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウイングレット(winglet)

飛行機の主翼の端に、鉛直方向に付けられた小さな翼。翼端渦を抑え、翼端振動の軽減や燃費の向上に役立つ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典の解説

ウイングレット

翼の目的である揚力の発生は、翼端にいくにつれ翼端渦の影響で次第に落ちてくる。そこで翼端に垂直の板状のチップをとりつけると下面から上面に流れ込もうとする翼端渦の影響を少なくする事ができる。このチップをウイングレットと呼ぶ。通常、飛行機では翼端に上方向に取り付けられているが、下向きに取り付けても効果はある。 パラグライダーではアドバンス社の機体が上向きに取り付けており、その他の機体でも下側に付けたスタビライザーを意識的にウイングレットと兼用しているものもある。ウイングレットは、翼のアスペクトを高くする事なく、それと同等の効果を狙ったもので、有効であるが、それを付けた事による抗力も確実に増すわけで、その取り付け位置や大きさなどがノウハウである。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウイングレットの関連キーワード高揚力装置水中翼船教育刑論主翼翼端翼端振動翼端渦発生の法則アスペクト(比)ワッシュアウト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウイングレットの関連情報