ウイングレット(読み)wing let 

パラグライダー用語辞典「ウイングレット」の解説

ウイングレット

翼の目的である揚力の発生は、にいくにつれ翼端渦の影響で次第に落ちてくる。そこで翼端に垂直板状のチップをとりつけると下面から上面に流れ込もうとする翼端渦の影響を少なくする事ができる。このチップをウイングレットと呼ぶ。通常、飛行機では翼端に上方向に取り付けられているが、下向きに取り付けても効果はある。 パラグライダーではアドバンス社の機体が上向きに取り付けており、その他の機体でも下側に付けたスタビライザーを意識的にウイングレットと兼用しているものもある。ウイングレットは、翼のアスペクトを高くする事なく、それと同等の効果を狙ったもので、有効であるが、それを付けた事による抗力も確実に増すわけで、その取り付け位置や大きさなどがノウハウである。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android