コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイングレット winglet

翻訳|winglet

デジタル大辞泉の解説

ウイングレット(winglet)

飛行機の主翼の端に、鉛直方向に付けられた小さな翼。翼端渦を抑え、翼端振動の軽減や燃費の向上に役立つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

ウイングレット

翼の目的である揚力の発生は、翼端にいくにつれ翼端渦の影響で次第に落ちてくる。そこで翼端に垂直の板状のチップをとりつけると下面から上面に流れ込もうとする翼端渦の影響を少なくする事ができる。このチップをウイングレットと呼ぶ。通常、飛行機では翼端に上方向に取り付けられているが、下向きに取り付けても効果はある。 パラグライダーではアドバンス社の機体が上向きに取り付けており、その他の機体でも下側に付けたスタビライザーを意識的にウイングレットと兼用しているものもある。ウイングレットは、翼のアスペクトを高くする事なく、それと同等の効果を狙ったもので、有効であるが、それを付けた事による抗力も確実に増すわけで、その取り付け位置や大きさなどがノウハウである。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

ウイングレットの関連キーワード造波抵抗摩擦抵抗空気抵抗誘導抵抗

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android