ウェヌスの夜歌(読み)ウェヌスのよか(英語表記)Pervigilium Veneris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェヌスの夜歌
ウェヌスのよか
Pervigilium Veneris

3~4世紀頃のローマの作者未詳の詩。 93行から成り,シチリアの「万物生みの親」ウェヌス女神の春の祭りに捧げられた賛歌。春を呼ぶ憧憬に満ちた声と,さまざまな春の連想が,民謡調の反復句に乗って現れる。ところどころに脚韻が使われて,ラテン語詩が強弱アクセントに移り変る時期を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェヌスのやか【ウェヌスの夜歌 Pervigilium Veneris】

愛の女神ウェヌス(ビーナス)をたたえる全93行のラテン詩。《ラテン詞華集》に収められて今日に伝わるが作者は不詳で,成立年代も定かでない。おそらく4世紀ころのものと思われる。シチリア島のウェヌス祭前夜を背景に,〈いまだ愛を知らぬ者は明日愛を迎えいれよ,すでに愛を知りし者は明日も愛に身をゆだねよ〉というリフレーンが繰り返されるなか,春と愛への賛歌が情感豊かに歌いあげられる。愛は宇宙の究極的原理であると同時に,ローマの母神としてもたたえられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android