コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェブ2.0 ウェブにてんゼロ

1件 の用語解説(ウェブ2.0の意味・用語解説を検索)

IT用語がわかる辞典の解説

ウェブにてんゼロ【ウェブ2.0】

2005年前後から見られはじめた、従来とは質的に異なる新しいウェブWWW)の利用方法やサービス、ビジネスモデル、関連技術の総称。厳密な定義はないが、情報の送り手と受け手の立場の流動化、動的かつ双方向的なコンテンツの提供、利用者の積極的な参与によるコミュニティー形成、複数のウェブサイトが提供する各種サービスの融合などを特徴とする。具体的には、動画共有サイトアフィリエイトSNSマッシュアップウェブサービスなどがある。◇「Web 2.0」とも書く。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェブ2.0の関連キーワード萩焼サンタンサンバーン後から後から音譜大化前代手始め内製化始めたる千代はじ女

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェブ2.0の関連情報