コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーバー=フェヒナーの法則 ウェーバーフェヒナーのほうそく

1件 の用語解説(ウェーバー=フェヒナーの法則の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウェーバー=フェヒナーの法則【ウェーバーフェヒナーのほうそく】

刺激と感覚との量的関係に関する法則。Sgの物を手に載せて少しずつ重さを増し(S+ΔS)gに至って初めて重さの違いが感じられる時,ΔSを絶対弁別閾(いき),ΔS/Sを相対弁別閾という。
→関連項目ウェーバー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のウェーバー=フェヒナーの法則の言及

【フェヒナーの法則】より

…〈ウェーバーの法則〉からフェヒナーが導き出した精神物理学的法則であり,〈ウェーバー=フェヒナーの法則〉ともいう。刺激Rが⊿Rだけ変化したときはじめてその差が感じられるとすれば⊿R/Rは一定であり,これがウェーバー比であるが,フェヒナーはこれをもとにして,感覚の強さSは刺激の強さRの対数の一次関数であるとした。…

※「ウェーバー=フェヒナーの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウェーバー=フェヒナーの法則の関連キーワード残像精神物理学国営企業労働関係法規範法則痛覚感覚投射の法則ゲランの法則反復興奮系の法則頻数の法則ブレトンの法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone