コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーバー=フェヒナーの法則 ウェーバーフェヒナーのほうそく

百科事典マイペディアの解説

ウェーバー=フェヒナーの法則【ウェーバーフェヒナーのほうそく】

刺激と感覚との量的関係に関する法則。Sgの物を手に載せて少しずつ重さを増し(S+ΔS)gに至って初めて重さの違いが感じられる時,ΔSを絶対弁別閾(いき),ΔS/Sを相対弁別閾という。
→関連項目ウェーバー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のウェーバー=フェヒナーの法則の言及

【フェヒナーの法則】より

…〈ウェーバーの法則〉からフェヒナーが導き出した精神物理学的法則であり,〈ウェーバー=フェヒナーの法則〉ともいう。刺激Rが⊿Rだけ変化したときはじめてその差が感じられるとすれば⊿R/Rは一定であり,これがウェーバー比であるが,フェヒナーはこれをもとにして,感覚の強さSは刺激の強さRの対数の一次関数であるとした。…

※「ウェーバー=フェヒナーの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ウェーバー=フェヒナーの法則の関連キーワードフェヒナーの法則

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android