ウォガ・ウォガ(読み)ウォガウォガ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォガ・ウォガ
うぉがうぉが
Wagga Wagga

オーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ州南部、マランビジー川左岸の都市。人口5万5056(2001)。シドニーの西南西、道路で480キロメートルの距離にあり、アデレードへの道路およびメルボルンへの鉄道が通る。東部高地西斜面からリベリナ地方にかけてのヒツジ、小麦地帯の中心都市の一つで、農業専門学校や農業試験場などがある。1849年入植、1946年市制施行。名称は、カラスの鳴き声を意味する先住民語に由来する。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android