コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォガ・ウォガ ウォガウォガ

百科事典マイペディアの解説

ウォガ・ウォガ

オーストラリア,ニュー・サウス・ウェールズ州南部,キャンベラの西約160kmの町。マランビジー川に沿い,鉄道の連絡点。小麦,果物の生産,牧畜の中心。名はカラスの鳴き声を意味するマオリ語に由来。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォガ・ウォガ
うぉがうぉが
Wagga Wagga

オーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ州南部、マランビジー川左岸の都市。人口5万5056(2001)。シドニーの西南西、道路で480キロメートルの距離にあり、アデレードへの道路およびメルボルンへの鉄道が通る。東部高地西斜面からリベリナ地方にかけてのヒツジ、小麦地帯の中心都市の一つで、農業専門学校や農業試験場などがある。1849年入植、1946年市制施行。名称は、カラスの鳴き声を意味する先住民語に由来する。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウォガ・ウォガの関連キーワードオーストラリア谷内

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android