コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォガ・ウォガ Wagga Wagga

世界大百科事典 第2版の解説

ウォガ・ウォガ【Wagga Wagga】

オーストラリア,ニュー・サウス・ウェールズ州南部の地方中心都市。人口4万1000(1991)。シドニーの西南西480km(道路距離),マランビジー川左岸にある。アデレードへの道路,メルボルンへの鉄道が通る。東部高地西斜面からリベリナ地方にかけての羊,小麦の集散地で,農業専門学校,農業試験場があり,軽工業が行われる。1849年開基,1949年市制。名称はカラスの鳴声を意味する原住民語に由来する。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android