ウォルコット(英語表記)Walcott, Charles Doolittle

  • Derek Walcott
  • Walcott, Derek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1850.3.31. アメリカ,ニューヨーク,ミルス
[没]1927.2.9. アメリカ,ワシントンD.C.
アメリカの古生物学者。合衆国地質調査所所長。古生代カンブリア紀の三葉虫化石と地質層序を研究した。 1879~1907年の間,合衆国地質調査事業に参加。 07年,ワシントン D.C.のスミソニアン国立自然史博物館館員となる。主著に"The Cambrian Faunas of North America" (1884) がある。
[生]1930.1.23. カストリーズ
[没]2017.3.17. ケープエステート
セントルシアの詩人劇作家。フルネーム Derek Alton Walcott。父は水彩画家,母はアマチュア演劇家という芸術一家に生まれる。ジャマイカの西インド大学に学び,教師,ジャーナリストを経て,1958年から 2年間ニューヨークで演劇を研究。のちトリニダード・トバゴに移住し,演劇の発展に尽力した。1992年カリブ海地域では初めてのノーベル文学賞を受賞。イギリス形而上人の影響を受けた初期の詩集『詩,25』Twenty-five Poems(1948),カリブ海地域の文化的混沌状態から新世界の構築を目指す詩集『漂着者』The Castaway(1965),自伝的要素の強い『もう一つの生』Another Life(1973),『幸福な旅人』The Fortunate Traveller(1981),『オメロス』Omeros(1990)がある。また詩劇に『モンキー山の夢』Dream on Monkey Mountain(1967),ミュージカルに『セビールのいたずら者』Joker of Seville(1975)など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

詩人,劇作家。西インド諸島(当時英国領)のセントルシアに生まれる。白人黒人混血という立場から,ヨーロッパ文化の伝統と西インドの文化的独自性との間の葛藤主題にした作品を書き続けている。カリブ海を舞台にした神話的長編叙事詩《オメロス》(1990年)が代表作。ほかに詩集《緑の夜に》(1962年),《幸運な旅人》(1982年),劇作品としては《モンキー山上の夢》(1971年)などがある。1992年ノーベル文学賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

1930~  西インド諸島セントルシアの詩人・劇作家。カリブ海の土着文化と西欧文明の伝統とを融合させた壮大な作風。作品に、ホメロスの「オデュッセイア」を踏まえた「オメロス」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1738年5月9日
イギリスの諷刺詩人
1819年

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォルコットの関連情報