コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウジュン・パンダン ウジュンパンダン

百科事典マイペディアの解説

ウジュン・パンダン

インドネシア中部,スラウェシ島南西端の港湾都市。南スラウェシ州の州都。旧名マカッサル。古来,東方の香料産地モルッカ諸島へ至る中継基地として商業が繁栄。住民はマカッサル人が多く,東インド諸島の商業・航海者として活躍した。
→関連項目スラウェシ[島]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウジュン・パンダン
うじゅんぱんだん
Ujung Pandang

インドネシア、スラウェシ(セレベス)島南西の港市マカッサルの1971~1999年までの名称。地名は「パンダヌス樹の茂る岬」の意。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウジュン・パンダンの関連キーワードマカッサル(インドネシアの地名)インドネシアトルノジョヨ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android