コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミテング ウミテング Eurypegasus draconis

3件 の用語解説(ウミテングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミテング
ウミテング
Eurypegasus draconis

トゲウオ目ウミテング科の海水魚。全長 10cm。体は幅広く,著しく縦扁する。胸鰭は左右に広がり,全体が蝶形となる。全身が骨板で覆われる。口は小さく無歯。千葉県以南,インド太平洋に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウミテング

ウミテング目ウミテング科の海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。この名はこの仲間の額が天狗のように突き出るところから生じた。英名はsea dragonまたはsea mothで,いずれも特異な形態に基づいている。また,科名のPegasidaeギリシア神話の翼のある天馬,ペガソスに由来する。日本近海には,ウミテングZalises draconis,テングノオトシゴPegasus volitans,ヤリテングParapegasus natansの3種が分布し,いずれも本州中部以南の暖海に生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミテング
うみてんぐ / 海天狗
dragon fishseamoth
[学]Eurypegasus draconis

硬骨魚綱トゲウオ目ウミテング科Pegasidaeの総称、またはそのなかの代表種名。相模(さがみ)湾以南の太平洋沿岸、山口県日本海沿岸など、西部太平洋、インド洋の熱帯・温帯海域に広く分布する。体は上下に平たく、棘(とげ)のある堅い骨で完全に覆われている。額が「天狗の鼻」のように長く突き出し、その下に小さな口がある。胸びれは翼のように大きく水平に広がる。体は褐色の地に黒褐色の斑紋(はんもん)または網目状の紋がある。小形で全長20センチメートル以下。沿岸の砂・砂泥底にすむが、水深150メートルからの記録もある。まれに汽水域にも侵入する。胸びれを水平に広げて、腹びれを使って海底をはう。カミソリウオ科とヨウジウオ科にもっとも近縁である。世界の海域から2属5種が知られている。日本では、相模湾以南から尾部の鱗(りん)板が8~9枚のウミテングEurypegasus draconisと尾部の鱗板が11枚のテングノオトシゴPegasus laternarius、そして田辺湾、高知県、西表(いりおもて)島から鱗板が12枚で吻(ふん)が細長いヤリテングPegasus volitansの3種が記録されている。形が奇妙なので、乾燥して飾り物にされる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミテングの関連キーワードフグ中毒海亀海手海蛇コミティア箱河豚うみてらす名立テングサナシフグフグ(河豚)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone