コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンターワルデン[州] Unterwalden

世界大百科事典 第2版の解説

ウンターワルデン[州]【Unterwalden】

スイス連邦を構成する6番目のカントン(州)。ただし,オプワルデンObwalden(面積491km2,1996年の人口3万1000)とニートワルデンNidwalden(面積276km2,1996年の人口3万6000)に分かれ,二つの半カントンHalbkanton(準州)構成をとる。両準州はそれぞれに独自の憲法・政府をもち,全州議会にも代表を1名ずつ派遣している。ウンターワルデンはウーリ,シュウィーツとともに1291年の〈永久同盟〉を締結し,スイス連邦形成の核となったが,それ以前から2地域に分かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android