コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンディーネ ウンディーネ Undine

翻訳|Undine

3件 の用語解説(ウンディーネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンディーネ
ウンディーネ
Undine

ドイツのフランス系作家 F.H.K.フケーの童話。 1811年刊。騎士に愛されて魂を得た水の妖精ウンディーネが,愛を裏切られて騎士を殺すが,その墓を取巻く美しい流れとなり,永遠に彼をいだき続けるという物語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウンディーネ(〈ドイツ〉Undine)

水の精。若く美しい女性の姿をしており、人間の男性と結ばれると魂を得るという。オンディーヌ。
ドイツの作家フケーの小説。1811年刊行。美しい水の精と騎士が恋に落ち結ばれるが、騎士は他の女性に心変わりしたため精霊の掟によって命を落とす

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウンディーネ【Undine】

小説や歌劇を通して広く知られているゲルマンの水の仙女。パラケルススの造語によるが,その語源はラテン語undina(undaは波,水の意)。人間と愛によって結ばれ子を生めば魂を与えられるが,人間の苦悩と罰も同時に受けると伝えられている。イギリスの作家ポープの《髪盗人》(1712)では,優しい女性は死後水の精になると書かれてある。ゲルマン伝説を基にドイツの作家フケーは,水の精と騎士の愛と死の物語《ウンディーネ》(1811)を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウンディーネの言及

【人魚】より

…そして,魂を手に入れる方法の一つが人間と結婚することである。パラケルススはこの人魚伝説を参考にし,彼が錬金術上のシンボルとして創案した水の精ウンディーネをも,人間と結婚することで魂を得る存在と性格づけた。このような人魚観は,フケーの《ウンディーネ》やジロードゥーの《オンディーヌ》の素材となった。…

※「ウンディーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウンディーネの関連キーワードオルゲルプンクト改琦周知通し切符有名ベルゲルミルクリスタルゲルミント油最小時間の原理最小到達時間の原理

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウンディーネの関連情報