コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンディーネ Undine

翻訳|Undine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンディーネ
Undine

ドイツのフランス系作家 F.H.K.フケーの童話。 1811年刊。騎士に愛されて魂を得た水の妖精ウンディーネが,愛を裏切られて騎士を殺すが,その墓を取巻く美しい流れとなり,永遠に彼をいだき続けるという物語。のちフランスの劇作家ジロドゥが戯曲に翻案 (『オンディーヌ』 1939) した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウンディーネ(〈ドイツ〉Undine)

水の精。若く美しい女性の姿をしており、人間の男性と結ばれると魂を得るという。オンディーヌ。
ドイツの作家フケーの小説。1811年刊行。美しい水の精と騎士が恋に落ち結ばれるが、騎士は他の女性に心変わりしたため精霊の掟によって命を落とす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ウンディーネ【Undine】

小説や歌劇を通して広く知られているゲルマンの水の仙女。パラケルススの造語によるが,その語源はラテン語undina(undaは波,水の意)。人間と愛によって結ばれ子を生めば魂を与えられるが,人間の苦悩と罰も同時に受けると伝えられている。イギリスの作家ポープの《髪盗人》(1712)では,優しい女性は死後水の精になると書かれてある。ゲルマン伝説を基にドイツの作家フケーは,水の精と騎士の愛と死の物語《ウンディーネ》(1811)を書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウンディーネの言及

【人魚】より

…そして,魂を手に入れる方法の一つが人間と結婚することである。パラケルススはこの人魚伝説を参考にし,彼が錬金術上のシンボルとして創案した水の精ウンディーネをも,人間と結婚することで魂を得る存在と性格づけた。このような人魚観は,フケーの《ウンディーネ》やジロードゥーの《オンディーヌ》の素材となった。…

※「ウンディーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウンディーネの関連キーワードホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)チャイコフスキー(年譜)ロルツィングメリュジーヌホフマン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウンディーネの関連情報