コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンム・ダバギヤ Umm Dabaghiyah

1件 の用語解説(ウンム・ダバギヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウンム・ダバギヤ【Umm Dabaghiyah】

メソポタミアにおける最初期の土器をともなう新石器時代の遺跡。イラク北部,モースルの南西約95kmにあるパルティア時代の都市遺跡ハトラの西方26kmに位置する。炭素14法による測定年代で前6000年ころ。1940年代後半から60年代まで,この地域ではハッスナ遺跡が最古の農耕村落遺跡として著名であったが,断片的な資料しかなかった最下層Ia期に並行する時期の資料がここで多く発掘された。遺跡は100m×85m,文化層の厚さ約4mで,71‐74年に計4回,カークブライドD.Kirkbrideが隊長として発掘した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウンム・ダバギヤの関連キーワードアッカドアラム語シストルムジッグラトスーサメソポタミアメソポタミア文明ギルガメシュメソポーズメソポタミヤの殺人

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone