コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウー・カラー ウー・カラー U Kala

2件 の用語解説(ウー・カラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウー・カラー
ウー・カラー
U Kala

[生]1678頃.マンダレーインワ
[没]1738頃.マンダレー,インワ
ビルマ (現ミャンマー) ,ニャウンヤン時代の文人,歴史家。ビルマ最初の本格的な年代記『大年代記』 Maha Yazawingyi (1720年代) を編纂した。のちコンバウン朝バジードー王の命により編纂された欽定年代記『玻璃宮年代記』 Hmannan Maha Yazawindawgyi (1829編纂着手) はこの書に拠るところが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウー・カラー
うーからー
U Kal
(1678?―1738?)

ビルマ(現ミャンマー)の第二次インワ王朝時代の史家。タニンガヌエTaninganwe王治世(1714~33)に、史書、碑文、韻詩などを参照し、これらを整理のうえ本格的な最初のビルマ通史『大年代記』Maha Yazawingyiをビルマ語で編纂(へんさん)した。文体、用法、配列に優れており、ありふれたなかにも格調高い文章で書かれているため、後代の散文作家のよき手本になったといわれる。[奥平龍二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウー・カラーの関連キーワードマンダレースンダ列島ロックマンワールド2わんわん わんわんウーベイン橋カウンムードパゴダマンダレーの大理石工房マンダレーヒルサガイン[管区]ラングーン・マンダレー方言

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone