エイト(英語表記)eight; eight-oar shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「エイト」の解説

エイト
eight; eight-oar shell

8人で漕ぐボート,またそれを用いたレース。「ボートの」とされ,オックスフォード・ケンブリッジ対校ボートレース早稲田大学慶應義塾大学の対校戦 (早慶レガッタ) など伝統的な主要レースはほぼすべてエイトで行なわれている。ラダー操作やペース設定を担うコックス (舵手) が必ず1人最後尾に座り,その指示に合わせて8人が左右交互に配されたオールを漕ぎながら進む。各種ボートの中で最もスピードが出る。オリンピック競技大会のコースは 1992年バルセロナ大会から,他の種目も含め男女ともすべて 2000mとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「エイト」の解説

エイト

〘名〙 (eight)
① 八。
② ボート競技種目の一つ。およびそれに用いるボートとこぎ手。それぞれ一本のオールを持つこぎ手八人とコックス(舵手)一人からなる各チームが一定の距離を漕し、所要時間で勝敗を決める。一九〇〇年よりオリンピック種目。〔ウルトラモダン辞典(1931)〕
ラグビーで、スクラムを八人で組むこと、およびその方式
フィギュアスケート競技で、氷面を8形にすべること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「エイト」の解説

エイト(eight)

数の8。八つ。
舵手だしゅを除いて八人でこぐレース用ボート。また、その競技。オールは一人1本、左右4本ずつでこぎ進める。
ラグビーで、スクラムを八人で組むこと。また、その方式。
フィギュアスケートで、8の字を描いて滑ること。サークルエイト。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエイトの言及

【ボート】より

…日本語としては西洋型の小舟を意味する。そして公園の貸しボートや競技用のエイト,フォア,スカルなどオールでこぐスポーツないし娯楽用のものを指すことが多い。エイトとフォアはそれぞれ8人と4人が1本ずつオールをこぐが,スカルは1人で両玄2本のオールをこぐ。…

※「エイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android