コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイヤー エイヤー Ayer, Alfred Jules

3件 の用語解説(エイヤーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイヤー
エイヤー
Ayer, Alfred Jules

[生]1910.10.29.
[没]1989.6.27. ロンドン
イギリスの哲学者。オックスフォード大学卒業後,1932年ウィーン大学に学び,当時まだイギリスでは知られていなかったウィーン学団の運動に親しみ,イギリス哲学界に論理実証主義を紹介した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エイヤー【Alfred Jules Ayer】

1910~1989) イギリスの哲学者。論理実証主義をイギリス経験論の伝統と結び付け、ウィーン学団の思想を英語圏に普及させることに力があった。検証原理の強い意味と弱い意味とを区別し、また倫理学においては情緒主義を提唱。著「言語・真理・論理」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイヤー
えいやー
Sir Alfred Jules Ayer
(1910―1989)

イギリスの哲学者。ロンドン大学教授、オックスフォード大学教授を歴任した。1932年ウィーン大学留学中にウィーン学団と交わり、26歳のときに『言語・真理・論理』Language, Truth and Logic(1936)を著すことによって、論理実証主義をイギリス哲学界に紹介、導入した。その明晰(めいせき)で力強い文体と論法は、哲学の任務が科学によって取り残された諸問題の分析にあり、哲学は最終的には科学の論理学になるという考え方を端的に示している。バークリーやヒュームの経験論を基盤としてラッセルやウィットゲンシュタインの理説を擁護し、「検証の原理」principle of verificationの厳密なる公式化を実現することを目ざした。神学、美学、倫理学を含むあらゆる形而上(けいじじょう)学的命題は無意味であり、観察によって真偽を検証することができる経験的命題と論理学および数学の命題のみが有意味であると主張した。主著は『The Problem of Knowledge』(1956)、『The Concept of Person』(1963)。[宮下治子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エイヤーの関連キーワード愛知銀行平成斯波四郎チュラロンコーンサイティーンルータムイッス岩林修三広津雲仙ペンハロー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エイヤーの関連情報