エイヤー(英語表記)Ayer, Alfred Jules

  • 1910―1989
  • Alfred Jules Ayer
  • Sir Alfred Jules Ayer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1910.10.29.
[没]1989.6.27. ロンドン
イギリスの哲学者。オックスフォード大学卒業後,1932年ウィーン大学に学び,当時まだイギリスでは知られていなかったウィーン学団の運動に親しみ,イギリス哲学界に論理実証主義を紹介した。 33年帰国し,オックスフォード大学で哲学を講じたが,第2次世界大戦に従軍。 46年ロンドン大学教授,59年オックスフォード大学教授となった。論理実証主義の立場に立ち,26歳のときにわした『言語真理・論理』 Language,Truth and Logic (1936) は英米の言語分析の哲学に影響を与えたといわれている。主著"The Problem of Knowledge" (56) ,"The Concept of a Person" (63) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1910~1989 イギリスの哲学者。論理実証主義をイギリス経験論の伝統と結び付け、ウィーン学団の思想を英語圏に普及させることに力があった。検証原理の強い意味と弱い意味とを区別し、また倫理学においては情緒主義を提唱。著「言語・真理・論理」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの哲学者。ロンドン大学教授、オックスフォード大学教授を歴任した。1932年ウィーン大学留学中にウィーン学団と交わり、26歳のときに『言語・真理・論理』Language, Truth and Logic(1936)を著すことによって、論理実証主義をイギリス哲学界に紹介、導入した。その明晰(めいせき)で力強い文体と論法は、哲学の任務が科学によって取り残された諸問題の分析にあり、哲学は最終的には科学の論理学になるという考え方を端的に示している。バークリーやヒュームの経験論を基盤としてラッセルやウィットゲンシュタインの理説を擁護し、「検証の原理」principle of verificationの厳密なる公式化を実現することを目ざした。神学、美学、倫理学を含むあらゆる形而上(けいじじょう)学的命題は無意味であり、観察によって真偽を検証することができる経験的命題と論理学および数学の命題のみが有意味であると主張した。主著は『The Problem of Knowledge』(1956)、『The Concept of Person』(1963)。[宮下治子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エイヤーの関連情報