コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイリー エイリー Ailey, Alvin

3件 の用語解説(エイリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイリー
エイリー
Ailey, Alvin

[生]1931.1.5. テキサスロジャーズ
[没]1989.12.1. ニューヨーク
アメリカの黒人舞踊家,振付師。 L.ホートン,M.グラハム,H.ホルムらに師事。 1958年自身のバレエ団を組織し,ブルースゴスペルを用いて『ブルース組曲』 (1958) ,『啓示』 (60) などを振付けたのをはじめ,S.バーバー作曲『隠者の歌』 (62) や D.エリントン作曲『青のこだま』 (64) などクラシックからジャズまで幅広く振付けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エイリー【Alvin Ailey】

1931‐89
アメリカの舞踊家,振付師。ロサンゼルスでL.ホートンに師事,1953年ニューヨークでミュージカル《花の家》に,54年映画《カルメンジョーンズ》に出演したのち,58年黒人だけの舞踊団〈アルビン・エイリーアメリカンダンスシアター〉をニューヨークに創立した。《ブルース組曲》(1958)や黒人霊歌に振り付けた《レベレーションズ》(1960)など,アフリカリズムハーレム・ジャズのアクセントをもった抒情的な作品で人気があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイリー
えいりー
Alvin Ailey
(1931―1989)

アメリカの黒人舞踊家。テキサス州ロジャーズに生まれる。民俗舞踊に造詣(ぞうけい)の深いレスター・ホートンに学び、黒人の舞踊について開眼し、ブルースやゴスペル・ソングを使った作品『リベレーション』や『ブルース組曲』を上演した。それまでの黒人舞踊はダナム女史Katherine Dunham(1909―2006)にみられるような西インド諸島のアフロ・アメリカンを中心としたものであった。エイリー舞踊団(1958年結成)は世界各地で熱狂的に迎えられた。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エイリーの関連キーワードテキサステキサスヒットテキサスリーガーテキサス決死隊テキサスコーンテキサスセレクトパリ、テキサス炎のテキサス・レンジャーテキサン文化研究所日本テキサス・インスツルメンツ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エイリーの関連情報