コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウブロス エウブロス Euboulos

2件 の用語解説(エウブロスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウブロス
エウブロス
Euboulos

[生]前405頃
[没]前330頃
古代ギリシアアテネの政治家,演説家。前 355年頃から財政を担当し,国費の歳出を巧みに監督,増税なしに国家歳入の増加を可能にした。彼の指導下に艦隊の効率が改善され,ドックや堡塁が修復された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エウブロス【Euboulos】

前405ころ‐前335ころ
アテナイの政治家で,とくに財政専門家として知られる。前350年代後半,行政剰余金からなる祭祀金(テオリカ)を主管する〈祭祀財務委員会〉を通して国家財政の全体を掌握し,重要でない軍事行動への支出を抑え,一方では一連の経済振興策を導入して歳入増加を図り,同盟市戦争(前357‐前355)などで破綻にした国家財政を再建した。彼の経済政策については,クセノフォンの《歳入論》の提言との関連が考えられる。外交政策では戦争を避け,平和主義をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エウブロスの関連キーワードアイスキネスアテナイアニュトスエフィアルテスヒッピアス政治生命国民感覚スノードンアカストスクリティアス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone