コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゲリア Egeria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゲリア
Egeria

古代ローマのの女神。ローマの第2代の王で,賢人であったヌマ・ポンピリウス王を愛し,彼と夜間に泉のそばの洞窟の奥で密会しては知恵を授けた。ヌマ王が死ぬと,彼女はアリキア市の近くのディアナの森に行き,そこで多くの涙を流し,ついに泉に変ってしまったという。

エゲリア
Egeria; Aetheria

4世紀頃の南フランスあるいは北西スペインの修道院に籍をおいた修道女。巡礼紀行の最も古い作品『聖地への旅』 Peregrinatio ad loca sanctaの著者。 1884年に発見されたラテン語によるこの書には,聖書に記されている聖地,教会,修道院,聖墳墓の記録と並んで,この時代のエルサレムの教会での典礼も記録されている。典礼史上も重要な史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エゲリアの関連キーワード後田真欧聖週間

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android