エコロジカル・アート(英語表記)ecological art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1980年代後半ごろから高まってきたエコロジー運動・反原発運動などに共鳴する美術およびその運動。環境彫刻や野外インスタレーション,または概念芸術に主張を示すものなどがあるが,従来さまざまな形の活動をしてきた作家がエコロジカルな発言をすることもある。また,精神生活を重視するニュー・エージ運動との関連も見られ,その方面では,サイケデリック・アート,テクノロジー・アートなどさまざまな流れが集ってきており,興味深い 90年代の美術を基礎づける一つの重要な概念となるだろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android