コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスキロール エスキロール Esquirol, Jean-Étienne-Dominique

2件 の用語解説(エスキロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスキロール
エスキロール
Esquirol, Jean-Étienne-Dominique

[生]1772.2.3. ツールーズ
[没]1840.12.12. パリ
フランス精神科医。 P.ピネルの弟子で,師の疾病分類を発展させた。また,サルペトリエールやシャラントンの精神病院で病院の設計を工夫し,医師と患者の友好的交流の場をつくり,精神障害者に関する法の制定にかかわるなど,精神病者の処遇の改善に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エスキロール【Jean Étienne Dominique Esquirol】

1772‐1840
フランスの精神医学者。トゥールーズに生まれ,エスキーユの中学校,イッシーのサン・シュルピス神学校に学んだのち,ナルボンヌモンペリエなどでの勉学,修練を経てパリの医学校に入った。ピネルの第一の弟子として師の精神医学上の業績を発展させ,フランスではピネルとともに19世紀前半の最も重要な精神医学者となった。モノマニーmonomanie概念や幻覚の定義にその名を残したほか,フランスの精神衛生法である1838年法の成立に関与し,精神病患者の処遇や精神医学教育にも多大な貢献をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エスキロールの関連キーワードツールーズピネル精神衰弱バントゥー山ラトゥールトゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団新福尚武サンタンヌ学派トゥーシュ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone