コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスキロール エスキロールEsquirol, Jean-Étienne-Dominique

2件 の用語解説(エスキロールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスキロール
エスキロール
Esquirol, Jean-Étienne-Dominique

[生]1772.2.3. ツールーズ
[没]1840.12.12. パリ
フランス精神科医。 P.ピネルの弟子で,師の疾病分類を発展させた。また,サルペトリエールやシャラントンの精神病院で病院の設計を工夫し,医師と患者の友好的交流の場をつくり,精神障害者に関する法の制定にかかわるなど,精神病者の処遇の改善に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エスキロール【Jean Étienne Dominique Esquirol】

1772‐1840
フランスの精神医学者。トゥールーズに生まれ,エスキーユの中学校,イッシーのサン・シュルピス神学校に学んだのち,ナルボンヌモンペリエなどでの勉学,修練を経てパリの医学校に入った。ピネルの第一の弟子として師の精神医学上の業績を発展させ,フランスではピネルとともに19世紀前半の最も重要な精神医学者となった。モノマニーmonomanie概念や幻覚の定義にその名を残したほか,フランスの精神衛生法である1838年法の成立に関与し,精神病患者の処遇や精神医学教育にも多大な貢献をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エスキロールの関連キーワード噺本本多髷工藤平助ワイアット鹿の子餅・鹿の子餠安永明和礒田湖竜斎一筆斎文調小咄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone