エスプレッソ(英語表記)〈イタリア〉espresso

  • espresso(イタリア)

百科事典マイペディアの解説

コーヒーをいれるための器具の一種。またこれを用いていれたコーヒーをもいう。イタリア式のいれ方で,イタリアンローストと呼ばれる極端に深いりした豆を用いる。現在一般に使われている器具は,上部のポットと下部のポットの間に小さな穴のあいたバスケットがセットされている。下部のポットに湯を入れ,バスケットにコーヒーの粉を入れて上部ポットをのせ,ふたをする。そのまま火にかけると,下部ポットの湯の蒸気でコーヒーが蒸され,やがて沸騰した湯が蒸気圧によってバスケット内を一気に通過し,上部ポットにコーヒーが抽出される。こうしていれたコーヒーは泡立っていて,濃厚で苦い。営業用には大型のエスプレッソ・マシーンもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (espresso) イタリア製の蒸気摘出式コーヒー抽出器。挽いたコーヒー豆に蒸気を含ませ圧縮して絞り出すもの。また、その方式で淹(い)れたコーヒー。
※見知らぬ町にて(1967)〈辻邦生〉「若いバーテンはニッケル色に磨きたてたエスプレッソの長い腕を下にさげた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエスプレッソの言及

【コーヒー】より

…パーコレーターは,用量の湯と粉を入れて火にかけると,中央のパイプを通って上部のバスケットの粉の上に熱湯が噴出するようになっており,透過法の一種ではあるが,浸出液と湯がたえず混じり合って循環を繰り返すので,その状態は煮出しに近い。エスプレッソはイタリアで広く使われている器具で,きわめて短時間に浸出を行うため,普通のいり方をした豆では酸味が強くなりすぎる。そこで,イタリアンローストと呼ぶ,極端な深いりをしたものを用い,濃く苦いコーヒーを抽出する。…

※「エスプレッソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エスプレッソの関連情報